HGで防空壕発見!

ねえねの母校は、渋谷区立 原宿外苑中学という。

略してHG

っていうか、校章がすでにHGマークなのだ。

画像


昨年、もっともHGがブレークしていた頃、生徒の誰かがハガキをだしたのだろうか、
HGから(?)番組で取材させて欲しいと、校長先生に連絡が入った。

その当時、まあ、○▲×@*△が#%○◇¥×で×××××だったりしたこともあり、
厳格な校長先生は、当然のようにお断りになった。

あとで、校長先生は生徒に、「HGって何?」と聞いたらしいが、
・・・・・知らずに断ったんですか?!先生!

さてその母校で、この夏グラウンドの土を全部入れ替える、大掛かりな作業が行われている。

大型ショベルカーでゴンゴン掘っていると、なんと!!

防空壕が発掘されたのだそうだ!

学校の入り口に、その写真と、
中から出てきた茶碗や湯のみ、ポケットウイスキーのビンなど数点が展示されているらしい。
かなりちょびっとなので、普段通っている人も気がつかない程度みたいだけど。

残念ながら、現物は工事車両の邪魔になるので、見ることはできないようだが、
この辺りが、東京大空襲で焼け野原になった歴史を、垣間見ることができそうだ。


記憶 戦後60年 新聞記者が受け継ぐ戦争
http://www.tokyo-np.co.jp/kioku05/txt/20050522.html

今は華やかな、若者の街原宿・表参道が、当時どのような惨状だったかは
今では知る人も少ないだろう。

あのGAPの交差点から、少し上り坂になって明治神宮へ続く表参道。
空襲の日、体力のあるものだけがその坂を登りきり、生き延びたのだと言う。

あの原宿キディーランド前あたりは、子供を抱えて力尽きた母親が、熱風に一気に燃え上がったりしたそうだ。
そうして、長いことコンクリートに染み付いた、人間から出た脂のシミが消えなかったのだそうな。

来月末はハロウィーン。
今年も表参道をねり歩く仮装行列が行われるのかな?

外国のオバケのお祭り。
キディーランドの前で、その母と子はどんな風に見ているのかな?


10月3日 追記
「HGで防空壕発見!」について 続報
http://nor-madame.at.webry.info/200610/article_2.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

アザミネーゼ
2006年09月13日 00:58
今も戦争の痕跡が突然白日のもとに出てくることってあるのですね。
先日、今の西麻布出身の父とドライブしていて、甲州街道を走っていたら、父がボソッと言うのです。「5月15日の空襲の後、麻布から荻窪まで曾祖母をリヤカーに乗せて連れて行ったな」って。当時、焼け野原を5時間かかって荻窪にたどり着いたそうです。
多分、原宿あたりも、そのときの空襲で焼けたと思われます。父はあまり語りたがりませんが、亡くなった祖母はよく戦時中の話をしてくれました。もっとよく話を聞いておけばよかったと思っても、今はもう遅いですね。
人はだんだんにいなくなってしまうけれども、思わぬところから昔の記憶が出てくるものですね。
父を連れてHG中に見にいきたいなと、ちょっと思いました。
ノルウェーまだ~む
2006年09月13日 14:26
最近は終戦記念日や原爆記念日だけに、ある意味お祭り騒ぎ的に戦争ものなどテレビでやったりしますが、本当に戦争体験なさった方は、いつでもどんなときにでも思い出すわけですよね。
主人の父も、子供の頃横浜から都心まで歩いたそうです。
当時はろくに食べ物もなくて、体力もなかったでしょうに。今の子供のほうが、家でゲームばかりしていて、かえって歩けないんじゃないかしら。

この記事へのトラックバック