ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 「デトロイト」☆屈辱と差別を体感せよ

<<   作成日時 : 2018/02/01 19:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 16

バッドエンドの映画が好きだし、事件をスッキリと解決しない映画でも平気な私がさすがにヘコタレた映画。
救いが無い。
黒人差別を扱った映画も数多い中において、少しの希望、部分的な勝利、ちょっとだけ相手をギャフンと言わせるラストすら用意されていないのだ。

しかしこれが『現実』
その現実に目を背けず真っ向から突き付けてくるキャスリン・ピグロー監督の凄さに、心から感服するしかない。


画像
「デトロイト」 公式サイト

<ストーリー>

1967年、デトロイト市警は日に日に暴徒化する黒人たちと衝突を繰り返していた。
いよいよ軍隊も繰り出し、夜間外出禁止令の取り締まりで週末ごとに1000人以上の逮捕者が出て、警察署内は収容しきれないほどだった。
この夜も暴動で演奏中止となり、夢にまで見た舞台に立てずに終わった歌手のラリー(アンジー・スミス)はアルジェ・モーテルで1泊し騒ぎをやり過ごすことにした。
ホテルではふざけたカール(ジェイソン・ミッチェル)がおもちゃのピストルで市警を挑発し盛り上がっていたが、一触即発だった警官と軍隊は即ホテルを襲撃。上層階に泊まっていたカールの仲間とラリーまでもが警官のクラウス(ウィル・ポールター)の尋問を受けることになった。
激しすぎる尋問に怯えるばかりの黒人たちにクラウスは…


画像
まるで戦争みたいな暴動が50年前に起きていたわけだけれど、まだ記憶に新しい頃にも同じような暴動、黒人に対する警官の不当な発砲が起きているという現実をしっかり私たちは知らなくてはならない

黒人の地位向上、人権はほんの少しずつ上がってきているようでいて、実はトランプ政権誕生で再び歴史が繰り返されるような不穏な空気が漂っているのも事実。
女性なのに骨太な作品ばかり撮るピグロー監督、今だからこそよくぞ作ってくれました!

画像
スターウォーズで主役級のジョン・ボイエガは、近所の店の夜間警備員ディスミュークス役
夜間見回りで警備中の兵士たちに、コーヒーを差し入れするだけでほとんど何も活躍しないのだけれど、実は最も大切な事を発言しているのが彼。

夜回り中の兵士に様子を聞きに行くと言ったディスミュークスに、警備員仲間が心配して「大丈夫か?」と問いかけると、「話したら判る」と一言。
そうなのだ。暴力や銃に訴えなくても、きちんと礼儀正しく話かけたらちゃんと分かり合えるハズなのだ。

画像
冒頭の激しい暴動、略奪、小競り合い…から一転して、メジャーデビューを夢見るラリーの青春ドラマへ場面転換して戸惑うけれどここも大切

あれほどまでに夢に見ていた歌手への道なのに、ラリーは事件後『白人警官が警備するクラブで白人がノリノリで踊るような歌』を歌う仕事を拒み、給料の安い教会の聖歌隊の仕事を生涯続ける。
PTSDと親友を失ったことで神と近い仕事に救いを求めた彼の苦悩を、この青春ドラマターンが引き立てている。

画像
こんな青二才顔の青年にデトロイトは牛耳られていた

この役を演じるにあたって、とても胸が悪くなったとインタビューで語るクラウス警官役のウィル・ポールター。
見ているこちらも最初から最後までしかめ面になり、半分から後は涙が止まらない。

略奪したとはいえ、市民を後ろから射殺するなど上層部からも目を付けられていたのに・・・・
ラストの裁判の結果は、デトロイト市警と法曹界の癒着が如実に現れていて、ディスミュークスでなくても吐き気を催すほどだ。

画像
イケメンポジションのグリーンは、なんとアベンジャーズのファルコンだった!

エスカレートしていく暴動の真っ只中、そして恐怖におののく尋問シーン、助けになればと思って警察署で証言したら自分が容疑者になっていた、そして苦々しい裁判と、観客は否応なしにその現場に居合わせることになる。
覚悟が必要。
でも今こそ最も見るべき映画であることは間違いない。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
デトロイト
デトロイト@よみうりホール ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2018/02/01 19:31
『デトロイト』 今も続いている“死のゲーム”
 監督は『ハート・ロッカー』『ゼロ・ダーク・サーティ』などのキャスリン・ビグロー。  1967年に起きた「デトロイト暴動」の最中に起きたある事件を題材とした作品。この暴動では鎮圧のために州兵までが投入されたものの、43人もの死者が出たとのこと。 ...続きを見る
映画批評的妄想覚え書き/日々是口実
2018/02/01 23:01
映画「デトロイト(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『デトロイト(日本語字幕版)』(公式)を公開初日(1/26)の本日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら70点にします。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2018/02/02 18:07
デトロイト・・・・・評価額1700円
絶望の夜を、生き延びろ。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2018/02/02 22:25
「デトロイト」:観るのが辛い重い球
映画『デトロイト』は、重金属系骨太映画を作り続けるキャスリン・ビグロー監督5年ぶ ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2018/02/04 00:24
劇場鑑賞「デトロイト」
「デトロイト」を鑑賞してきましたキャスリン・ビグロー監督が「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」に続いて再び脚本にマーク・ボールを迎え、1967年の“デトロイト暴動... ...続きを見る
日々“是”精進!
2018/02/04 15:06
デトロイト
1967年に起きた事件で現在も生存している当事者に詳細な取材を行って、ドキュメンタリーのような内容の物語になっている。当時の映像も時々入るので、より真実味がある。白人警官を演じた役者が演技を拒否するくらいの演出で、鬼気迫るものがある。現在も同じような事件が起 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2018/02/04 16:03
『デトロイト』 2018年1月28日 TOHOシネマズシャンテ
『デトロイト』 を鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2018/02/06 08:16
デトロイト
1967年、アメリカ中西部の大都市デトロイト。 デトロイト暴動から3日目の夜、若い黒人客たちで賑わうアルジェ・モーテルに、銃声を聞いたとの通報を受けた大勢の警官と州兵が殺到。 それは宿泊客の黒人青年がオモチャの銃を鳴らしただけの悪戯だったが、突入した白人警官によって彼は射殺されてしまう。 居合わせた宿泊客8名も、暴力的な尋問を受けることに…。 実話から生まれたサスペンス。 ...続きを見る
象のロケット
2018/02/07 08:45
「デトロイト」
「Great Migration」。アメリカの歴史において、アフリカ系の黒人達は、2つの世界大戦を通して南部から各地へと大移動をした。雇用の問題や人種差別の問題が根底にある。綿花産業で奴隷として働いていた黒人達が、雇用と自由を求めて北部へ大移動をして行ったのだ。やがて1960年代になると、白人の富裕層が郊外の都市に移動するようになる。そして、経済も第二次世界大戦後の活況と比べれば、今ひとつ停滞する。都市に残った白人達と黒人達との間では、大小の衝突が継続して発生するようになった。デトロイトという都... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2018/02/07 17:52
デトロイト
Detroit ...続きを見る
ごみつ通信
2018/02/07 20:37
デトロイト
キャスリン・ビグロー監督が「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」に続いて再び脚本にマーク・ボールを迎え、1967年の“デトロイト暴動”のさなかに起きた衝撃の事件を映画化し、今なお続く銃社会の恐怖と根深い人種対立の闇を浮き彫りにした戦慄の実録サスペンス。黒人宿泊客で賑わうモールを舞台に、いたずらの発砲騒ぎがきっかけで、警察官に拘束された黒人宿泊客たちを待ち受ける理不尽な悲劇の一部始終を圧倒的な臨場感で描き出す。主演は「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のジョン・ボイエガと「メイズ・ランナー... ...続きを見る
映画に夢中
2018/02/13 19:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
骨太で柔な監督には撮れそうにない作品でした。
タイムリーなタイミングで
アカデミー会員の気骨を示して欲しいところです。
まっつぁんこ
URL
2018/02/01 19:59
まっつぁんこさん☆
ですね〜
他の作品を観てないので解らないですが、この作品が選ばれたら、まだまだアメリカは大丈夫って思いますね。
ノルウェーまだ〜む
2018/02/01 23:14
まだ〜むさん、こんにちは。
私も先日、見てきました。すごい映画でしたね。見た後もずっと興奮が収まらず、一日どきどきしていました。
ビグロー監督らしい、甘さを許さない硬派な作品でしたが、それに応える俳優たちもすばらしかったです。
セレンディピティ
URL
2018/02/02 17:33
セレンさん☆
あとまで興奮が収まらない映画ですよね。
それにムカつくあんな役を最後までよく頑張ったと、役者魂に感動しました。
くそ警官役のウィル・ポールターが誹謗中傷を受けてないか本気で心配になりましたよ。
ノルウェーまだ〜む
2018/02/02 21:00
私が在米の時に起こったロス暴動を思い出します。
人種葛藤はここ半世紀で大きく変わった部分と、ほとんど変わらない部分があるのが現実。
ラストでラリーが歌い上げるゴスペルが感動的でした。
ノラネコ
2018/02/02 22:39
ノラネコさん☆
ロス暴動の時にいらっしゃったのですね?!危ない事無かったでしょうか?

そうなんですよ〜!私ゴスペルで涙が決壊してしまって…
抑圧され続けてきた黒人たちが、あのゴスペルを造りだしたのが本当に良く判りました☆
ノルウェーまだ〜む
2018/02/02 22:56
ほんと、救いがない。これがヘコタレますよね。
アメリカに、いやデトロイトに正義が存在しなかった時代。
正義が存在しないということは人権も希望も存在しない。
ラリーが最後に見つめる先にいる神様はそんなデトロイトをどうご覧になられていたのでしょうか。
にゃむばなな
URL
2018/02/02 23:14
にゃむばななさん☆
神ゴスペルで祈りを捧げるしかなかったラリーが本当に可哀相でした。
今も黒人だけでなく、更にイスラムの人や有色人種への差別や偏見がトランプ政権で助長されかねない現実を見ると、神はいないと思わざるを得ないです。
ノルウェーまだ〜む
2018/02/02 23:21
こんにちは。
この映画、最後まで緊張感があって、そしてこの理不尽すぎる差別が悔しくて涙してしまいました。
この監督の作品ってずっとこんな緊張感のある映画ですね。

Nakaji
URL
2018/02/03 20:44
Nakajiさん☆
私、ヒリヒリする映画好きなので、この監督の作品は大好きなのです♪
ただし、この作品はさすがにヘコタレちゃいました(≧▽≦)
私も中盤からずっと涙がハラハラと流れておりました。
ノルウェーまだ〜む
2018/02/04 00:02
こんばんは!

私も先週見てきました〜。

ビグロー監督の作品は、いつも緊張感が凄いですが、今回の「デトロイト」は、ドキュメンタリータッチの効果もあいまって、さらにテンションが張りつめてましたね。

1960年代の時代感も見事でしたね。
私、エンドクレジットで流れた曲"It Ain’t Fair"の素晴らしさと映画の余韻とで、ちょっと固まってしまいました。
ごみつ
2018/02/04 22:52
ごみつさん☆
そうなんですよ〜彼女の作品は緊張感ハンパないですが、今回はまた別の張りつめ方でしたね。
予想してなかった感覚にちょっとめげちゃいました。

映画の余韻はなかなかなものでした。
私は中盤からずっとサラサラと涙を垂らしてましたが、EDの実際の彼らのその後のくだりで、まさに固まってしまいました…
ノルウェーまだ〜む
2018/02/05 16:48
こんばんは。
まるで自分が尋問されているような気になる作品でした。
あのゴスペルは胸にずしんと響きましたが、自分の夢を諦めざるを得なかったのは辛過ぎましたね。
人生が変わる、というのはこういうことなのだな、と思いました。
ここなつ
2018/02/05 22:28
ここなつさん☆
ほんの数時間の出来事で一生が狂わされてしまうというのは、あまりに酷でしたね。
彼にとっては夢をかなえられない事よりも、白人の為に歌う方が余程嫌だったという事なのですね…
そういった気持ちを完璧に体験することになるそんな映画でした。
ノルウェーまだ〜む
2018/02/06 00:22
救いのない作品はへこみますね、、、
大きなステージで歌うのが夢だったラリーを思うと悲しくなりましたが、歌を歌うことをやめなかったのが救いです。
yukarin
URL
2018/02/12 22:41
yukarinさん☆
歌を止めなかったというか、神に歌を捧げずにはいられなかったというところかな…
色々な人の人生を変えてしまいましたね(;´д`)
ノルウェーまだ〜む
2018/02/13 00:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「デトロイト」☆屈辱と差別を体感せよ ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる