ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 「アウトレイジ 最終章」☆遅い回の上映にはご注意(笑)

<<   作成日時 : 2017/10/08 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 8

いやー怖かった!
何が怖いって上映終って帰るときに、明るい茶髪のいかにもな女性たちの、姐さんのほうのボートネックの広く開いた背中いっぱいに見事な刺青がのぞいていて、その方が「お待たせしてごめんね〜」と寄って行った先には、顔面から縦半身全部に刺青のあるお兄さん達のグループがいたという・・・・
リアルがち!?

公開初日、パパンが三連休に釣り仲間の方の別荘に泊まりに行ってしまっているし、息子も留守なのをいいことに、TOHOシネマズ新宿で2本映画を続けて観て、この「アウトレイジ 最終章」が夜の回になってしまった私。
観る映画は時間と場所を選ばないとね(≧▽≦)
ラストに触れています
画像
「アウトレイジ 最終章」 公式サイト

<ストーリー>

韓国に渡り、韓国と日本を牛耳るフィクサーの張(金田時男)の元で済州島のキャバクラを任されていた大友は、取引で来ていた花菱会幹部の花田とトラブり、世話になっている張の手下を殺され怒りは頂点に達していた。
張グループと花菱は一触即発の緊張状態になるが、花菱の新組長の野村(大杉連)は商社マンあがりの素人で、花田の失態の後始末を2代目西野(西田敏行)に押し付け、古参メンバーをこの際片づけようとしていた。
花菱との過去を清算すべく大友は日本へ帰国するのだが…


画像
花菱の新しい組長は、娘婿で元商社マンの野村・・・・ってどんだけ勇気ある人??

昔ヤクザ映画と言えば、「仁義」あってこそで、どちらかというとカッコイイという位置づけだったはず。
今や激しい裏切りと下剋上争いに常に疑心暗鬼になっていて、昔気質の大友(ビートたけし)だけがこの「ヤクザの掟」に忠実という…まさにここがこのシリーズのポイントでもあるのだけれど。

画像
シリーズ通して常連の二人は胡散臭い古参メンバーで、こってこての関西弁で恫喝しまくって今回の中心人物になっている

アドリブ俳優の西田敏行がさらりとアドリブと思わしき台詞を言って、ピエール瀧が(実は)笑いをこらえている感じのシーンがさり気なくウケる。

画像
警視庁の幹部もマル暴のトップには頭が上がらない!このシリーズで唯一まともだった刑事の繁田(重松豊)だけに感情移入できる(笑)

前作ビヨンドで裏で手を引く悪い刑事の片桐(小日向)がラストに殺された後を引き継いで、マル暴対策をしている二人だけれど、とにかくシリーズ通して大量の殺人が行われていて、警察は全く捜査に役立ってないところが何とも…

画像
不思議な師弟関係のふたり

全員が「バカヤローてめぇ」と怒鳴り合っている割に、駆け引きがバレそうな緊迫感もあまり無く、正直言ってこのシリーズは「ビヨンド」で終わって充分だったかんじ。

大友と市川(大森南朋)の薬師丸ひろ子的「セーラー服と機関銃」シーンは、花菱に恨みがあったのになぜ幹部まで成敗しなかったのかとか、最後に大友が片を付けた親子って誰だったっけ?となるので、直前に前2作品をしっかり把握しておく必要がある。


結果としてはたけしがケリをつけたかっただけだったとも言える。
たけしの仁義なきヤクザ映画はその存在自体がブラックユーモアだった訳だけど、降り出しに戻ったというシュールなラストも、裏切りの連続に慣れてしまうと意外性が無く、ただ撃ちまくってハイ終わりでは何とも勿体ないと思ってしまうのだった。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『アウトレイジ 最終章』 2017年9月25日 イイノホール
『アウトレイジ 最終章』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2017/10/10 19:57
アウトレイジ 最終章
前2作と比べると尻つぼみ感が。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2017/10/11 22:32
アウトレイジ 最終章
 日本  犯罪&アクション&任侠・ヤクザ  監督:北野武  出演:ビートたけし ...続きを見る
風情?の不安多事な冒険 Part.5
2017/10/12 10:24
アウトレイジ 最終章
評価:★★★★【4点】(P) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2017/10/12 21:30
「アウトレイジ 最終章」:日の名残り
映画『アウトレイジ 最終章』は、1、2同様に面白いのですが、一方でやや物足りなく ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2017/10/12 22:00
アウトレイジ 最終章
韓国・済州島。 日本の二大勢力だった関東【山王会】と関西【花菱会】の巨大抗争後、元大友組(山王会)の組長・大友は日韓を牛耳るフィクサー張(チャン)会長の庇護の下、済州島の歓楽街を裏で仕切っていた。 済州島で遊んでいた花菱会の花田と大友との些細なトラブルが、張グループ、花菱会、そして山王会をも巻き込む抗争へと発展してゆく…。 バイオレンス・アクション第3弾。 ...続きを見る
象のロケット
2017/10/13 14:22
『アウトレイジ 最終章』
□作品オフィシャルサイト 「アウトレイジ 最終章」□監督・脚本 北野 武□キャスト ビートたけし、西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、       松重 豊、岸部一徳、大杉 漣、原田泰造、池内博之■鑑賞日 10月7日(土)■劇 場 TOHOシネマズ川崎■cyazの... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2017/10/15 09:24
『アウトレイジ 最終章』('17初鑑賞112・劇場)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 10月7日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:00の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/10/17 13:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜。
私、いまだにTOHO新宿に行く時はものすごく緊張してしまいます(たとえ昼間でも)。歌舞伎町=怖いというのが刷り込まれていて...
でもある意味リアルな体験ができてよかったですね??
たけしさんは何を演じてもやくざさんにしか見えないけれど^^; 他の俳優さんたちはふだんとのギャップがすごいですね。このシリーズに出ることで一皮むけそうな?気がします。
セレンディピティ
URL
2017/10/09 10:07
セレンさん☆
わお!私はシリーズ全部見てるのですけど、今回のシリーズが一番強面を揃えてて、ヤクザさんっぽい人たちばかり〜〜と思っちゃいました。
ドスの利いたセリフではたけしが一番怖くなくて、皆さんさすが〜〜と思いましたよ(笑)
ノルウェーまだ〜む
2017/10/09 10:48
まだ〜むさん、間口が広いですねえ!
私はこの手の映画は、食指が動かなくて…
新宿TOHO、巨大なゴジラはできるし、
その辺りも随分綺麗になりましたけれど
やっぱり夜一人で行くのは怖いかも。
zooey
URL
2017/10/09 20:55
zooeyさん☆
実は私もホラーやゾンビ映画は平気でもヤクザ映画とスプラッターだけは昔から苦手だったので、1作目も二の足を踏んでいたのですけど、とても評判が良かったので2作目の「ビヨンド」の時に思い切って見てみたら、これがとっても面白かったのです。
北野監督のブラックユーモアが効いていて、しかも実は残酷なシーンそのものは見せないんですよね。
今回は結構バーン!って血が飛び散ってましたけど…

私は歩いて行ける新宿か渋谷が多いので、他の用事とからめたら今回新宿になっちゃったのですが、さすがにビビリました(≧▽≦)
ノルウェーまだ〜む
2017/10/09 23:16
こんにちは♪

おっしゃる通りで「ハイ終わり」感は否めない
ところではありましたね。
全2作の引力が強かっただけに気持ち物足りなさ
を憶えなくもだけど、組織が弱体化はいつでも
外圧ではなく内部からという政争劇は歓迎する
ところでもで、満足半分物足りなさ半分といった
ところです♪ (゚▽゚)v
風情&#9773;
2017/10/12 10:36
風情さん☆
ほんとそうですね〜
企業のトップが畑違いのぼんくらで、古参のメンバーによる派遣争いで弱体化したり、結局悪を絶っても次の勢力が沸いて出るあたりは、社会を風刺してるのも納得なのですが、大友の敵討ちの部分だけがどうも取ってつけたようでしたよね。
ノルウェーまだ〜む
2017/10/12 13:09
殺しのエグさは 淡々として 印章が薄かったですがそれなりに面白かったですよ。1と2と比べちゃうとね・・・
大杉連さんの 花菱会 二代目 なんとも 娘婿の立場だけで 形の違った「七光り」根性で 花菱会のトップの器ではなかったですね。
それこそ 前作ビヨンドで 加瀬亮さん演じたインテリヤクザの石原と一緒で いい時は威張ってくさっていい気になってはいても 肝心のここぞというときは自分の保身しか考えない・・・。
でも 言い換えれば 連さんの役者としてのも演技力が伝わってるということでもあります。それはほかの役者さんたち皆さんも そうであります。
>結果としてはたけしがケリをつけたかっただけだったとも言える。
そんな大友にふさわしい 偉人の格言 載せてもよろしいですかね・・・。

『生きるか死ぬかは時機に任せよう。世の人が何と言おうと、そんなことは問題ではないのだ。』
高杉晋作(長州藩 幕末の志士)
 
皮肉ととるかピッタリととるかは人によってさまざまでしょうが 大友にはピッタシな気がします。
zebra
2017/10/13 21:32
zebraさん☆
大杉連さんの『いくらでもヤクザっぽい怖い演技も出来るのに、ヤクザになりきれてないそこそこなかんじ』を絶妙に出すところ見事でしたね!
役者さんたち皆さん素晴らしかったデス。
ここで高杉晋作の格言が飛び出すとは!たしかに大友の生き様は、大友が決める=たけしが決める!ってところでしょうか☆
ノルウェーまだ〜む
2017/10/14 14:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「アウトレイジ 最終章」☆遅い回の上映にはご注意(笑) ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる