ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 屋久島旅行☆縄文杉トレッキングでよれよれ 1

<<   作成日時 : 2012/08/11 09:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 10

我家には似つかわしくない、過酷な10時間トレッキングが始まる。





画像
線路は続くよどこまでも〜




ヨーロッパ駐在中も4日間ある休みでも1都市しか観光しない、何事にもゆっくりな我家の旅。
ましてやスポーツアトラクションなど今までかつてしたことがなかったのだ。(パパンとねえねのみダイビング経験あり)
それがまさか、こんなことになるなんて・・・・・


朝は4時にガイドさんが迎えに来る。
旅館が朝用と昼用のお弁当を準備しておいてくれた。(昼弁当630円)ガイドさんに頼むこともできる。(500円)
荒川登山口までのシャトルバスの発着所までガイドさんの車で30分、バスでさらに40分。
まだ外は真っ暗だ。

画像画像














荒川登山口で朝食用お弁当を食べて、トイレと準備運動を済ましておく。
バスに酔った息子はお弁当をあまり食べられず。最初からそんな事で体力もつの??
朝5時半から歩き始める。
画像
延々と続くトロッコ道
かつて伐採された杉を運搬するのに使われていた路線を、ほぼ3時間ひたすら歩く。

画像
運搬に使っていたトロッコ。
切り倒した杉や切り株からは新たな芽が誕生するのに、朽ち果てたきりのトロッコは何とも物哀しい。


画像
とにかく歩く
画像画像














トトロ発見!(左) 倒木も苔むして、独特なムードをかもし出している(右)

画像
「橋渡りますよー。手すりが無いから気をつけてくださいねぇ。」って、結構な高さがあるしっ!
画像画像














高所恐怖症のパパンは一言も発せず必死で耐える
最初に健康チェックカードを記入する時、持病が無いか、狭心症はないか、高所恐怖症じゃないかのチェック項目があったわけだわ。

画像
ヤクシカ発見!案外逃げない。5mくらいまで近づいても平気〜♪小ぶりで奈良の鹿の半分くらいの大きさ
画像
屋久島には600種類もの苔が生えている。
硬い岩でも苔がついて、そこを苗床にしてまた岩の上に杉が生えていくのだ。自然の神秘!
そもそも屋久島自体が花崗岩が隆起してできた島なのだから、縄文杉も岩の上の苔の上に生えているのかも☆そう考えるとすごい〜〜
画像
切株更新
江戸時代から昭和45年まで、多く伐採されて残った切り株や倒木に、苔がついてそこから木が育っていくことを切株更新・倒木更新というのだそう。
伐採は男の仕事、細かく切った木の板を運び出すのは女と子供の仕事だった。(説明の看板にはこの「女性と子供」の部分を白く消してあった)

画像
トロッコ道も終盤にさしかかった頃現れる昭和45年まであった小杉谷小中学校跡
40年前までは、ここで子供たちの声がしていたのね・・・・





天然処理(木材チップで攪拌する事によるバクテリア分解)のトイレで用足しを済ませ(ここで必ずしておこう)、トロッコ道を終えると勾配のきつい山道へ。
画像

山道に少し入ったところで、早目のお昼ご飯。(10時半)
この時はまだ行き道の半分、ただし体力的には3分の1ぶんしか歩いていないとは知る由もなかった・・・・・



屋久島旅行☆ぶらり島一周
屋久島旅行☆縄文杉トレッキングでよれよれ2
屋久島旅行☆シーカヤックとウミガメ産卵観察
屋久島旅行☆白谷雲水峡のもののけの森
屋久島旅行☆白谷雲水峡のもののけの森2




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
屋久島旅行☆ぶらり島一周
屋久島旅行から帰って早くも2週間近くたってしまった。 富士山登山より長距離を歩く過酷な縄文杉トレッキングをこなし、シーカヤック初体験もしてさぞや痩せたかと思いきや、毎日ホテルの朝晩バイキング料理で2.5kgも太ってしまうというショッキングな旅の締めくくりは、急激なダイエット。 東京へ戻ってダイエットして、ふらふらと倒れそうになって、また食べて体重が元の木阿弥になるという・・・・ ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2012/08/11 09:26
屋久島旅行☆縄文杉トレッキングでよれよれ2
ここから神様のいる奥岳へ入っていく。いよいよ山の神の領域である。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2012/08/12 15:16
屋久島旅行☆シーカヤックとウミガメ産卵観察
筋肉痛の足を引きずってシーカヤック1日体験に参加した。 インストラクターのおじさんによると、「使う筋肉が違うから大丈夫だいじょうぶ〜♪」 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2012/08/14 14:17
屋久島旅行☆白谷雲水峡のもののけの森
『もののけの森』とは呼んではいけないそうである。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2012/08/16 09:26
屋久島旅行☆白谷雲水峡のもののけの森2
木霊とヤクシカが私たちを出迎えてくれた。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2012/08/17 00:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おはよう!
今朝は早くから美容院なのでハヤオキだよ〜
これも写真みせてもらったからアレだけど、
ヤクシカちゃん、小さめな子たちに会ってみたい〜☆
朝5時半から歩くって凄いよね!
高所恐怖症の私にはこの橋はムリだなぁ。だけど進むためには引き返せないし渡っちゃうのかな。笑
たまにはアウトドアもいいでしょ?♡私もいきたい〜
mig
URL
2012/08/12 08:22
縄文杉トレッキング
 したした!!!!
杉の搬出に使われていたトロッコ道ね
でさ〜すっごい大変そう
じゃなくてほんとーに 
ほんとーにタイヘンだった
昭和45年頃まで集落があった場所で林業が盛んだった
とか、小学生がこの道を???だった
でさ10畳ほどの空洞のところ
あれ凄かったー
帰りがキツイ!というのに
あの達成感と
太古に戻るような感覚
湧き水とかねぇ・・・
大変だったのに
思い出すと「

q  行った行った
URL
2012/08/12 13:59
migちゃん☆
たまのアウトドアでいきなりこれだよ〜ぉう。
と言っても、我家はスポーツはしないけど、アウトドア派なんだよ。
知らなかった?
旅行もタウンショッピングな旅はしないし、どちらかというと遺跡めぐりか大自然派なのだ。

橋は引き返せないけど、その先にもまだあるよ!
ノルウェーまだ〜む
2012/08/12 14:41
qちゃん☆
トレッキング中は「ゼイゼイ・・・ん。もう〜〜〜う!」ってかんじなんだけど、こうして思い出すとむふむふ♪だよね。
本当は混んでない、季節のいい時期にゆっくり行くのがいいのでしょうね。
ちょっと人も多くて、気ぜわしい感じもしたわ。
ノルウェーまだ〜む
2012/08/12 14:43
こちらにも^^

わ〜、歩くんだ・・・わたしはもう読んでるだけで無理かもー^^;
でもほんと景色はいいね!
こういう場所ってなかなか歩けないもんねー^^
みすず
URL
2012/08/12 22:53
みすずちゃん☆
全部にコメありがとう〜♪
近年にないくらい歩いたよぉ〜
でも案外歩けるものだね。
きっとみすずちゃんも大丈夫よ。
小学生も(3〜4年生?)トレッキングしていたよ!
ノルウェーまだ〜む
2012/08/12 23:51
トトロ・・・ こんな哀れな姿に・・・
高尾山のときにゼーハーされてたので屋久島なんて大丈夫かしら?と思いましたが無事ミッションコンプリートされたのですね! すごいじゃないですか。次は富士登山っすね〜
わたしは最近食事のお呼ばれが続いてさらに体重が増したような気がします。もう登山は無理かな〜
SGA屋伍一
URL
2012/08/13 11:45
伍一くん!☆
まだ若いのに何を言っているの??
ややライミ版になりつつあるようだったのが、更にとは・・・

この私でさえ、willフィット程度でも毎日続ける事で、10時間トレッキングも制覇できたのだから、きみはこの際、もう一度新聞を配りなさいっ(爆)
ノルウェーまだ〜む
2012/08/13 21:18
歩くのは嫌いじゃないから、頑張れるかもだけど、この橋は、無理だわ(^_^;)高所恐怖症のパパン、よく頑張ったね(*_*)エライ!

40年前までは、そんなところに小学校もあったなんて
ビックリ(*_*)苔が多く、神秘的な感じが漂ってますが
気温はどうなのかな?結構涼しいのかな?

これで、まだ、3分の1?では、まだ〜むがどうなったのか(笑)次の日記、読みに行こう〜っと(^_-)-☆
ひろちゃん
2012/08/13 23:53
ひろちゃん☆
屋久島は東京よりちょっとだけ気温低くて、海風も涼しいんだけど、ここ屋久杉トレッキングの森の中はものすごく湿度があるので、結構暑いかんじがするよ。
直射日光はないんだけどね。
ノルウェーまだ〜む
2012/08/14 11:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
屋久島旅行☆縄文杉トレッキングでよれよれ 1 ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる