ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ラム・ダイアリー」闘鶏のカッコよさ

<<   作成日時 : 2012/07/12 16:21   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 20 / コメント 16

「ファンだったら観ないとー」とみんなに詰め寄られたので、仕方なく観てきた(笑)



評判はいまひとつのようだし・・・・と期待値を最低レベルに下げての鑑賞。
ウトウト率が高いらしいけど、少〜し眠かったのは編集長とのやり取りの時くらいかな。
お陰さまでノーマルな演技が新鮮なジョニーを堪能することができた☆
みんな、背中を押してくれてアリガトー



「ラム・ダイアリー」公式サイト

<ストーリー>

1960年、カリブ海の島プエルトリコにある地元新聞社にNYからやってきたポール・ケンプ(ジョニー・デップ)は、出社初日から酷い二日酔い。
紹介された相棒のカメラマンボブ(マイケル・リスボリ)は部屋に闘鶏を飼い、掛け金でようやく生活をしのいでいた。
企業家で地元の有力者のサンダーソン(アーロン・エッカート)とその婚約者シュノー(アンバー・ハード)と出合ったケンプは、極秘のリゾート開発事業の計画に引き入れられる。
サンダーソンのパーティーの帰り道、地元民と乱闘して刑務所に入れられたケンプと相棒は、サンダーソンに助けられたのだが・・・・



画像
機嫌を損ねると大変、カツラを気にしてはいけない編集長ロッターマン(リチャード・ジェンキンス)


酒を飲んでいない時は真面目にジャーナリズムを語り合うケンプ。
編集長との対話は彼の真面目な一面を表わしているシーンなんだけど、ここはウトウト(笑)

画像
同室の同僚モバーク(ジョバンニ・リビシ)は仕事もせずにラム酒を密造

アル中で淋病。
ケンプとボブとモバークが酒びたりな生活をしている様子を延々やっているので、その辺はどうもねぇー
そんなアル中のケンプが、「酒をやめるぞ」と決意したいきさつが、あまり見えてこない。

画像
サンダーソンに見込まれ自宅へ招待されると、そこはプライベートビーチのある豪邸

どうやら地元民を敷地から追い立てて、地元有力者サンダーソンも本当は地元民から疎まれている様子。
リゾート開発の裏に見え隠れするアメリカ資本の『開発と言う名の侵略行為』が見えてくる。


画像
豪邸にはお決まりのクルーザーと美女。
アンバー・ハードの美しさは、なるほどジョニーが実生活でもクラッときちゃうのも分からないでもない☆


それにしても、クラブで婚約者の言う事も聞かず、黒人男性とイチャイチャするくだりからの急展開はちょっと?
どうして突然ケンプとの仲を疑われたのか、サンダーソンから追い出されるケンプと婚約者のシュノー。
映画ではこの二人はまだ親密な仲にはなっていないようだったけど・・・・?

ダラダラと酒を呑んでいるところをやらずに、この辺を丁寧に描いて欲しかったなぁ。


画像
不正を告発すべく、ジャーナリスト魂に火がつく!

なんとなく怪しいのは伝わるけど、プエルトリコで資本家たちが集まるとどんな不正が行われるのかよく判らなかった。
ただ、この手のことは世界各地で起きているのかもしれないね。


画像
皆がカッコイイ!と大評判の闘鶏のシーン☆確かに!
闘鶏って確かに勇ましいし、戦い方が優雅☆

昔、友達の親戚の家(香川県)に遊びに行って、闘犬に連れて行ってもらったけど、これは血しぶきも飛んで痛々しくて見ていられなかったwa
でも一緒に行った親戚の小学生と幼稚園生は、「いけー!いけーっ!!」と白熱応援していたyo・・・・



ラストに出て来る原作者のアメリカ人ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの白黒写真は、なかなかのイケメンだった。
この彼からイメージすると、「若気の至りで酒に溺れたけど、美しい女性と電撃的な恋に落ち、自分が目指すジャーナリズムに目覚めて再起する」話なのだと思う。

ならば、ジョニーじゃなくてもっと若いピッチピチ青年を使わないと・・・・・最後までファンにあるまじき発言(汗)
確かに退廃的なムードを出せる若手俳優は、思い起こせないけど。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(20件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ラム・ダイアリー/The Rum Diary
主演のジョニー・デップの親友にして異端のジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの同名小説をそのジョニーが製作・主演で映画化。プエルトリコでの破天荒な毎日を描いた文字通りダイアリーだ。共演にアーロン・エッカート、アンバー・ハード、リチャード・ジェンキンスらが出演。監督・脚本は『キリング・フィールド』の脚本を担当したブルース・ロビンソン。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2012/07/12 20:30
ラム・ダイアリー / THE RUM DIARY
ランキングクリックしてね &amp;larr;please click ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2012/07/12 22:29
★ラム・ダイアリー(2011)★
THE RUM DIARY ...続きを見る
Cinema Collection 2
2012/07/13 03:06
ラム・ダイアリー/THE RUM DIARY
巨悪を暴く的な、ちょっと気になるテーマだったので・・・ ...続きを見る
いい加減社長の映画日記
2012/07/13 21:17
ラム・ダイアリー/ジョニー・デップ
米国のジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの自伝的小説を親友であるジョニー・デップが自ら企画し、製作しそして主演を務めた作品です。真夏のプエルトリコを舞台にジャーナ ... ...続きを見る
カノンな日々
2012/07/13 21:29
少年は残酷な弓を射る
作家のエヴァ(ティルダ・スウィントン)は、妊娠を機にそのキャリアを投げ打たざるを得なくなる。 戸惑いの中で生まれてきた息子ケヴィンは、幼い時からエヴァに心を開こうとはしなかった。 賢く美しい... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2012/07/13 23:30
ラム・ダイアリー
ジョニー・デップ主演、伝説のジャーナリストを描く『ラム・ダイアリー』を観てきました。 ★ ...続きを見る
そーれりぽーと
2012/07/13 23:44
ラム・ダイアリー
Rum Diaryクチコミを見る反骨のジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの自伝的小説の映画化「ラム・ダイアリー」。ジョニー・デップの思い入れだけで成り立っている作品。1960年、 ... ...続きを見る
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち...
2012/07/13 23:44
ラム・ダイアリー
1960年にプエルトリコに渡り、地元紙の記者として働き始めた青年が反米意識の高い土地柄の中で悪戦苦闘する。ラムというアルコール度の高い酒におぼれそうになりながら、ジャーナリストの誇りを貫こうとする主人公をデップが熱演している。JFKが大統領に当選する前の混沌とし ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2012/07/14 00:17
映画「ラム・ダイアリー」感想
映画「ラム・ダイアリー」観に行ってきました。故ハンター・S・トンプソンによる同名の自伝小説を原作とし、親友のジョニー・デップが故人のために企画・製作・主演の全てを担った... ...続きを見る
タナウツネット雑記ブログ
2012/07/14 11:11
ラム・ダイアリー
2012年7月7日(土) 19:30〜 TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:0円(フリーパスポート) 『ラム・ダイアリー』公式サイト フリーパスポート5本目。 お嬢さんたちが大好きなジョニー・デップの新作。盟友ティム・バートンとのやつは、何かいつも同じようなものの感じがしてきて、今回はパスした。「スリーピー・ホロウ」から、何か同じ雰囲気で飽きた。 本作は、「ラスベガスをやっつけろ」などの原作者でもあるジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの自伝的小説が原作の映画。 ジャーナ... ...続きを見る
ダイターンクラッシュ!!
2012/07/14 15:02
ラム・ダイアリー
★ネタバレ注意★ ...続きを見る
キノ2
2012/07/14 18:49
映画「ラム・ダイアリー」ある破天荒なジャーナリストを描く
「ラム・ダイアリー」★★ ジョニー・デップ、アーロン・エッカート、 アンバー・ハード、マイケル・リスポリ、 リチャード・ジェンキンス出演 ...続きを見る
soramove
2012/07/16 10:29
ラム・ダイアリー
【THE RUM DIARY】 2012/06/30公開 アメリカ R15+ 120分監督:ブルース・ロビンソン出演:ジョニー・デップ、アーロン・エッカート、マイケル・リスポリ、アンバー・ハード、リチャード・ジェンキンス、ジョヴァンニ・リビシ 1960年、ニューヨークでの生活に疲労し切っ... ...続きを見る
新・映画鑑賞★日記・・・
2012/07/16 20:40
ラム・ダイアリー ジョニデの思い入れが空回り〜
【=31 -3-】 TOHOシネマズ、6本観たら1本無料の特典を使うのに、スパイダーマンを観るかこっちを観るか悩んだ末の選択だったのだが。 ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2012/07/17 14:11
君の血中アルコール濃度は? 〜『ラム・ダイアリー』
 THE RUM DIARY ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2012/07/17 15:40
「ラム・ダイアリー」 酔いどれ日記
ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの原作を、親友であったジョニー・デップが ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2012/07/17 20:38
ラム・ダイアリー
 『ラム・ダイアリー』を観た。 ...続きを見る
みすずりんりん放送局
2012/07/24 09:18
ラム・ダイアリー     評価★★★54点
ジョニー・デップが敬愛してやまない“伝説のジャーナリスト”ハンター・S・トンプソンの自伝的小説の映画化。監督は「ラスベガスをやっつけろ」でもジョニーから監督を依頼されたブルース・ロビンソン。本作は彼の約20年ぶりの監督復帰作。 これはトンプスン自身がまだ... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2012/07/25 12:47
ラム・ダイアリー
『ラム・ダイアリー』---THE RUM DIARY---2011年(アメリカ)監督:ブルース・ロビンソン 出演:ジョニー・デップ、アーロン・エッカート、アンバー・ハード、ジョバンニ・リビシ、リチャード・ジェンキンス ジョニー・デップがプライベートでも親友だった伝説の... ...続きを見る
こんな映画見ました〜
2012/12/01 23:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
帰宅したらすごい雨だった!降ってなくてよかった♪
>皆がカッコイイ!と大評判の闘鶏のシーン
そうなのー?何にも思わなかった 笑

これ若い人じゃダメなんだよね、ジョニーさんがこの酒飲みの親友に捧げるために撮った作品なんだって 
なんと私もうレビューかけちゃった! 笑
mig
URL
2012/07/12 22:31
migちゃん☆
確か鶏のアップがカッコイイって言ってたよ☆

勿論、ジョニーが親友のために脚本から全部やっていたから、自分で演じたかったの分かるけど、ちょっと違うんだなーと(笑)
migちゃん今日の映画もう書いたの?すごい!
ノルウェーまだ〜む
2012/07/13 00:24
えらい!やっと、まだ〜む観ましたね(笑)
そそ、ジョニーの映画観ないなんて、ファンにあるまじき行為よ(笑)

内容はともかく、ジョニーファンなら、やはり素顔のジョニーが観れるのは嬉しいよね〜♪

>ラストに出て来る原作者のアメリカ人ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの白黒写真は、なかなかのイケメンだった。

うんうん。私も思った!何しろ、年くってる(笑)彼しか見てなかったから(苦笑)
ケンプって23歳の設定だから、ジョニーじゃあ(いくらジョニーが若ぶりでも)年取りすぎだよね(汗)
だから、ファンにあるまじき発言は許す(笑)
それに、若手でそういう感じって思いつかないしね・・・

まだ〜む闘犬見たの?犬好きの私には、絶対に観れない(泣)

PS.崖っぷち〜アップしましたが、コメとTBは明日にするね〜。明日は仕事で、もうこんな時間なので〜(苦笑)
ひろちゃん
URL
2012/07/13 03:05
ひろちゃん☆
褒めてもらえたー♪
本当はスルーしようかと思っていたのを、お3人に詰め寄られて(うそ、お勧めして頂いて)鑑賞して良かったよ〜

やっぱりジョニーファンのひろちゃんでもそう思う?
あの役は23歳だとしたら、ジョニーがやるのは問題だよね。
若くてムチャやってた感が出ないと、あの話は筋が通らないよ。
ジョニーの年齢でアル中だったら、再起不能だと思うよ。
コメはできるときにしてもらったらいいのよ〜気にしないで☆
ノルウェーまだ〜む
2012/07/13 18:54
相変わらずジョニーはクールでカッコいいは芝居は上手いはで満足なんだけどね、やっぱこのお話はどうかなぁ。原作モノだけにそのままだと言うなら仕方ないんだけど、映画的にあんまり面白くないというかね(苦笑)
KLY
2012/07/13 22:02
KLYさん☆
そうだよねー
ジョニーが親友のために作った映画、ちょっと内輪ウケって気がして・・・
ファンなのになんだけど、ここは若い役者にやらせないとだしね。
思い切って悪役ノサンダーソンをジョニーがやったら、また違っていたかも☆
とにかく結末をもうちょっとなんとかしてほしかったね。
ノルウェーまだ〜む
2012/07/13 22:37
こんばんは〜〜♪
よしよし、偉い偉い!(上から目線)ちゃんと観てくれて〜ありがと!

でもね・・・この作品は、一般人に対してとかじゃなく
ジョニーが満足したからそれでもういいなぁと。
ジョニーがハッピーで、ファンは美しいジョニーを堪能できて・・・それだけでみんな幸せ。←いいのか?

作品の出来うんぬんはきっと関係ないんだよね。ジョニーには・・・
そのうえ、若いアンバーをゲットとか、、、はぁ。ここはため息。

ストーリーが分かりにくい分、キャストで見せていたかな?
そして鶏〜!こればっかり。
あの堂々としたアップにやられた〜(爆)
闘犬も血だらけになっちゃうの?なんでも闘わせるの好きだよね。人間って・・・
カブトムシとかも闘うよね?クワガタも?
マリー
2012/07/13 22:50
こんばんは〜。

わはは〜ついにですね〜おめでとうございます!(爆)
ま、ファンとしては、素顔でのあれこれは楽しめますよね。
私はあのクマみたいなオヤジとの車のシーンが爆笑でした!
途中から、この凸凹なコンビが、ジャックとギブスみたいに見えてきちゃった(笑)
あとジェンキンスのズラもね!

アンバーはねぇ〜〜〜。
まあ、ぶっちゃけ、スキッ歯のヴァネよりは良いけど、マジでそうなら、ジョニーがカトちゃん系みたいで何だなイヤだな(苦笑)
オリーブリー
URL
2012/07/13 23:40
マリーさん☆
まさにジョニーが満足したら私たちも嬉しい映画だったね。←いいのだ、それで!
オマケにアンバーをゲットして何もかもハッピーなジョニー。そこは駄目ーっ!

クワガタもカブトムシもえいやっと投げて終わりだし、鶏も逃げて行ったら負けでしょ?
闘犬はねぇーガブリとやるから本当に怖いのよ。
ノルウェーまだ〜む
2012/07/14 09:03
オリーブリーさん☆
同じ意見だわ。
まだB級にしか出られてないアンバーにいいように使われてポイってなったら、ジョニー可哀そう〜ちょっと心配。(カトちゃん、まだポイされてないからぁ)
ジョニーも多くのハリウッドスターのように浮名を流し続けることになるのかな・・・?
ノルウェーまだ〜む
2012/07/14 09:07
こんにちはw
ジョニーは映画としてどう思ってこの作品を作ったのか?
役者としては艶があるけれど、制作には向かないような??

ジョニーファンではない私としては、白塗りこそがジョニーの真骨頂とか思ってしまいそうになる、ナンモない映画だったなぁ(^^;;;;

”怪物”が一番でしたw(爆)
たいむ
2012/07/16 09:32
たいむさん☆
親友を想う気持ちも判らないでもないですが、制作としては向かないって本当ね。
ファンだけにあえて言うけど・・・

闘鶏に話題をさらわれるジョニーって・・・
ノルウェーまだ〜む
2012/07/16 11:13
こんばんは♪
スマホに悪戦苦闘してて参上するのが遅れましたごめーんなさい。
うふふ、ファンにあるまじき発言に笑っちゃいました。
そういうの好きです。
とりあえずジョニーファンとしてちゃんと観ておけばOKということで(笑)
yukarin
URL
2012/07/16 20:49
yukarinさん☆
なんとか許してもらえたー?(笑)
yurarinさんに背中を押してもらって、しぶしぶ(爆)行って見たけど、実際よかったよ〜♪
ファンにあるまじき発言も多々な私ですが。

スマホデビューおめでと!
ノルウェーまだ〜む
2012/07/17 08:57
おはよ!

やっと書いたわ♪
わたしもうとうとしちゃった^^;テレビのあたりから面白く感じたかな。
あっさりとした映画だったね^^;
闘犬、土佐で見たよ〜^^
わたしの時は一噛みしたら終わりだったよ^^闘犬の人形買って来ちゃった^^
みすず
URL
2012/07/24 09:22
みすずちゃん☆
どひゃー!闘犬の人形って、きりっと立っているやつ?それとも戦っているの?
私はあまり闘っているのを良く見てなかったので(怖くて)覚えてないけど、血が出てたーって話していたよ。

映画はあっさりとしていて、やっぱり話題が闘鶏のことになっちゃうね(爆)
ノルウェーまだ^む
2012/07/27 16:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ラム・ダイアリー」闘鶏のカッコよさ ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる