ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 「クライマーズ・ハイ」高度な映画

<<   作成日時 : 2008/06/22 15:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 49 / コメント 29

高さもすごい、硬さもすごい(硬度)。
まるでドキュメンタリーを観るような、まさにその現場に居合わせたような緊迫感は、なるほど実際に上毛新聞の社会部の記者として取材に当たった経験を持つ原作者 横山秀夫ならではだ。
ひさしぶりに硬派な映画を観た。


画像
クライマーズ・ハイ 公式サイト

御巣鷹山の日航機墜落事故は、今から23年前のこと。
先日処刑された、宮崎 勤死刑囚と同様、20年以上経った今でも、記憶に鮮明に残っている事件である。

しかしこの映画は、日航機事故そのものを扱った映画ではない。
当時、日航機事故を取材し、記事を書いた地方新聞の記者たちの、怒涛の1週間を描いたものだ。
そこにあるのは、情熱と嫉妬と確執と友情と家族愛と・・・・・・

頭をフル回転させながら観なければならない。
実際に起きた事件を、知らなくても観られるけど、知らないことが辛くなる。
飛び交う専門用語に、ハンディーカメラで撮った様な、不安定に動き回る画面。
まるで新聞社で働く掃除のおばちゃんとして、その現場に居合わせたような気分になった。




<ストーリー>

群馬に拠点を置く北関東新聞社で、新聞記者をしている悠木(堤 真一)は、親友で新聞社の販売部に勤務する安西(高嶋政宏)と、念願の衝立岩登頂を翌朝に控え、準備をしていたところだった。

社を出ようとしたその時、‘日航機墜落‘の速報が流れる。
一気に興奮の坩堝(るつぼ)と化す編集部の記者たち。
詳細が分からず、右往左往する中、社長命令で、悠木に‘日航機事故 全権‘が任される。

社長に目を掛けられている〜と、悠木を妬む同僚や上司たち。
締め切りの時間が早まったことを知らせずに、スクープネタを落すように仕向けるなど、嫌がらせを受ければ受けるほど、日航機記事に対する情熱が熱く、‘ハイ‘の状態になっていく悠木。

それはまるで、登山の時に異常に興奮して恐怖を感じなくなり、冷静な判断ができなくなっていく‘クライマーズ・ハイ‘のようで・・・・・

事故原因に関するスクープについて、重大な判断をしなけfればならなくなった悠木。
彼の取った判断は・・・・・



画像

山岳会の仲間である悠木と安西は、家族ぐるみの付き合い。
息子も同い年だ。
しかし、安西はついに衝立岩を登ることはなく、23年後、息子が父の遺志を継いで、衝立の絶壁に挑戦する。

安西の息子と一緒に衝立岩 登頂を目指す、悠木の登山シーンが唐突に物語の中に組み込まれている。

つまり、悠木が大きな壁を乗り越えようとしている時に、興奮状態からクライマーズ・ハイの状態になり、このときの感覚と同じようになった23年前の日航機事故の時の1週間を思い出した・・・・ということらしい。

自分の父親くらいの人の、なかなか超えられなかった壁を、越えさせてあげる安西の息子は、なんだかすごい大人だ。
同じ新聞社なのに、妬みから足の引っ張り合いをして、手柄を阻止しようとするような上司や同僚を見ていると、よけいにそう思ってしまう。



画像


携帯電話のない時代、無線機も持たずに取材のために、泥だらけになって御巣鷹山へ登り、そして締め切りに間に合うように、その日のうちに下山して記事を書く。
過酷な仕事である。

第一陣として現場へ駆けつけた記者の一人は、あまりの惨状に精神をやられてしまい、一面トップ記事を阻止された事で、ついには・・・・・

新聞記事は、ただ事実を書けばいいのかと思っていたけど、読者の求める記事、読者の知りたい記事をいかに書くかが、大きな問題となるのだと始め知った。
‘生々しくグロい惨状‘を、具体的に書かずに、きちんと伝える・・・・・新聞記者は言霊遣いなんだなー


どうして、そんなに身内で足を引っ張り合うのか?
スクープを同僚にも悟られないように、自分の手柄にするべく、秘密裏に動く記者。
やっと取ったスクープも、確信が持てなければGOサインが出ない。
厳しい世界だ。


悠木の出生の秘密、社長との関係、息子との別離・・・・・
映画の要は、‘悠木の抱える大きな壁を、どう乗り越えていくのか‘を、衝立岩の絶壁とリンクしてみせて行く。

しかし、このあたりの複雑な部分は、結局ハッキリとはせずに、あとのほうでチラリとに臭わせるだけだ。

何をそんなに拘っているのか?
新聞社の内情とか、本当によく知っている人でないと、その辺の辺りは理解しにくいような気がする。
よく分からなくて、悶々としている時間が長いので、結構疲れてしまう。
最後は頭が痛くなった。

こりゃ、家に帰ったらすぐに原作を読み始めないとな。
これもねえねの学校で、昨年課題図書になった作品なのだ。




昼間は、パパンとスパ温泉で、岩盤浴。
そのまま、りょうたと一緒にお留守番を頼んで、試写会に行ってしまった私。
こんな過酷な仕事をしている人たちがいるのかーと思ったら、なんだか申し訳なくなってしまったのだった・・・・





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(49件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[cinema]クライマーズ・ハイ
試写会に行ってきました{/heart/} ...続きを見る
HARI INI ?
2008/06/22 20:04
「クライマーズ・ハイ」 チェック、ダブルチェック
「クライマーズ・ハイ」とは登山時に興奮が極限状態にまで達し、高さへの恐怖心がなく ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2008/06/22 22:41
クライマーズ・ハイ 試写会(ネタバレ)
クライマーズ・ハイ (2008) Director : 原田眞人 Cast : 堤真一, 堺雅人, 尾野真千子, 高嶋政宏 Genre : ドラマ/サスペンス Runtime : 145分 配給 : 東映=ギャガ・コミュニケーションズ 参考リンク → allcinema / Cinema Topics Online / goo 『クライマーズ・ハイ』公式サイト ...続きを見る
RE:ねこのうたたね
2008/06/25 10:37
クライマーズ・ハイ
「クライマーズ・ハイ」の試写会に行って来ました。 会場の中野サンプラザに行く為に中野駅に到着したら、何と豪雨に雷という最悪の状況でした。 帰りには、三鷹付近に雷が落ちたせいで、中央線が大混乱になっていました。 ...続きを見る
アートの片隅で
2008/06/27 10:21
『クライマーズ・ハイ』
18:30スタートの試写会って仕事後に行って間に合うのか、すごく焦ります。 昨日は一ツ橋ホールに堤真一主演の『クライマーズ・ハイ』を観に行ってきました。 ...続きを見る
cinema!cinema!〜ミーハー映...
2008/06/28 02:22
クライマーズ・ハイ 試写会@九段會舘
1985年8月12日。群馬県の御巣鷹山にJAL12 ...続きを見る
ネット社会、その光と影を追うー
2008/06/28 10:53
「クライマーズ・ハイ」
来月5日公開の「クライマーズ・ハイ」(←関連サイトです)の、今日中野サンプラザでの試写会の招待券が届いており、都合がついたので見てきました。 ...続きを見る
映画:AOLブログトーク
2008/06/28 17:37
クライマーズ・ハイ
1985年8月12日。 群馬県御巣鷹山にJAL123便墜落。 死者520名。 世界最大で最悪の単独航空機事故発生。 地元紙の航空機事故全権デスクを任されたのは、組織から一線を画した遊軍記者だった。 モラルとは? 真実とは? 新聞は命の重さを問えるのか? 信念を通そうと必死にもがく、新聞記者たちの濃密な日々の記録。 実話にもとづくヒューマンドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2008/06/30 18:49
クライマーズ・ハイ
JUGEMテーマ:映画 ...続きを見る
UkiUkiれいんぼーデイ
2008/07/05 15:42
クライマーズ・ハイ(2008年)
『半落ち』などの警察小説で有名な横山秀夫が原作。1985年8月12日のJAL123便墜落事故をベースに、事故現場となった地方新聞社の記者たちの1週間が熱く描かれています。 ...続きを見る
勝手に映画評
2008/07/05 17:44
「クライマーズ・ハイ」映画感想
自分としては、元々原作のファンで、この作品から横山秀夫氏の小説を読み始めた、曰く付きのタイトルです、映画化と聞いてまず思 ...続きを見る
Wilderlandwandar
2008/07/06 01:08
クライマーズ・ハイ
映画「クライマーズ・ハイ」を観てきました! ...続きを見る
Thanksgiving Day
2008/07/06 02:28
『クライマーズ・ハイ』
  命を追った、あの夏の日。   ■1985年8月12日。群馬、北関東新聞の記者・悠木和雅は、出世街道から外れ一匹狼として行動する遊軍記者。社内の登山サークル“登ろう会”の仲間で販売局所属の親友・安西と共に、翌日谷川岳の衝立岩登頂に挑もうと準備を進めていた。そ ...続きを見る
唐揚げ大好き!
2008/07/06 04:47
【95.4Kg】 「クライマーズ・ハイ」観てきました!
今日は、久方ぶりの完全仕事OFFな日です。 ...続きを見る
街のクマさん 炎のダイエット日記
2008/07/06 07:35
クライマーズ・ハイ
【gooブログの方へ】 ...続きを見る
いい加減社長の日記
2008/07/06 09:28
[映画『クライマーズ・ハイ』を観た]
☆日航123便墜落事件は、私が社会の動向に興味を持ち始めた高校生の頃に起こった大事件だったので、非常に記憶に残っている。 ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』
2008/07/06 10:07
『クライマーズ・ハイ』
世界最大の航空機事故と呼ばれた御巣鷹山の日航機墜落事故を扱うこととなった地方新聞社の記者たちを描いた本作。原作を書かれた横山秀夫先生ご自身も当時の事故を地方記者として取材されたご経験があるそうで、新聞社内の確執や一面に何をもってくるかの駆け引きは面白かっ.... ...続きを見る
めでぃあみっくす
2008/07/06 15:28
クライマーズ・ハイ
JUGEMテーマ:映画館でみました! 監督:原田眞人 出演:堤 真一、堺 雅人、小澤征悦、田口トモロヲ、堀部圭亮、マギー、尾野真千子、滝藤賢一、でんでん、矢島健一、皆川猿時、野波麻帆、西田尚美、遠藤憲一、中村育二、蛍雪次朗、高嶋政宏、山崎努 ・・・ ...続きを見る
Lovely Cinema
2008/07/06 16:43
クライマーズ・ハイ
2008/07/05公開(07/05鑑賞)製作国:日本監督:原田眞人出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一 命を追った、あの夏。 ...続きを見る
映画鑑賞★日記・・・
2008/07/06 22:35
映画『クライマーズ・ハイ』
試写会にて鑑賞。登山中に興奮が極限に達して恐怖が薄れる瞬間の精神状態を指す“クライマーズ・ハイ”になぞらえて、1985年に起きた群馬県・御巣鷹山での日航機墜落事故に関わった、新聞記者たちの熱い一週間を描いた横山秀夫原作のストーリー。。 ...続きを見る
ルールーのお気に入り
2008/07/07 19:30
「クライマーズ・ハイ」史上最大の墜落事故を描いた怒涛の7日間のマスコミストーリー
「クライマーズ・ハイ」は1985年8月12日に墜落した日航123便の事故を追った新聞社のデスクと記者が駆け抜けた7日間を追ったドキュメンタリーストーリーとなっている。23年前の事故は私も良く覚えているし、多くの人が犠牲となった大惨事だったが、ストーリーとしては複数の... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2008/07/08 00:46
クライマーズ・ハイ
舞台構成の巧さがスクリーンに見入らせる!   ...続きを見る
Akira's VOICE
2008/07/08 11:41
クライマーズ・ハイ
土曜日、八戸フォーラムで映画を観ました〜。 ...続きを見る
欧風
2008/07/09 06:36
クライマーズ・ハイ
極限状況の中、男たちはなにを伝えるのか。混乱する現場で未曾有の大事故を追った新聞記者たちの激動の1週間。決断を迫られた男たちはその時・・・。 物語:1985年8月12日――。終戦記念日を3日後に控え、日本国中が中曽根首相の靖国公式参拝の動向を固唾を飲んで見守る... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2008/07/09 23:41
「クライマーズ・ハイ」夢中で次の一歩を出す高揚感
「クライマーズ・ハイ」★★★★ 堤真一主演 原田眞人、2008年、145分 ...続きを見る
soramove
2008/07/10 00:05
劇場鑑賞「クライマーズ・ハイ」
「クライマーズ・ハイ」を鑑賞してきました日航機墜落事件を追う新聞記者たちの1週間を描いた横山秀夫のベストセラー小説を、原田眞人監督、堤真一主演で映画化。事件を追いかける記者たちの、歴史的大事件への影響と葛藤の日々が綴られる。ストーリーは・・・1985年... ...続きを見る
日々“是”精進!
2008/07/10 14:46
映画 『クライマーズ・ハイ』
  ☆公式サイト☆1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄(ほんろう)される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説を、映画『金融腐蝕列島 [呪縛]』の原田眞人監督が映像化した。1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。編集部で全権デスクに任命された悠木和雅(堤真一)は記者として扱う一大ニュースに対する興奮を禁じえな... ...続きを見る
きららのきらきら生活
2008/07/10 21:52
クライマーズ・ハイ
《クライマーズ・ハイ》 2008年 日本映画 1985年8月12日に起きた日航ジ ...続きを見る
Diarydiary!
2008/07/10 22:06
『クライマーズ・ハイ』2008・7・6に観ました
『クライマーズ・ハイ』 公式HPはこちら ←クリック ...続きを見る
映画と秋葉原と日記
2008/07/11 18:09
香りある人間。『クライマーズ・ハイ』
1985年に群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐる地元新聞記者たちの物語です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2008/07/12 10:26
映画「クライマーズ・ハイ」
 1985年の日本航空機墜落事故をめぐる地方新聞社の1週間の物語。映画のポスターやチラシに日航機の文字ってあったっけ。もっと、その辺を前面に出さないと、なんの映画だかよくわからないし、セールス上も問題ありだと思う。 ...続きを見る
朕竹林 〜ネットはテキストだ〜
2008/07/13 22:30
クライマーズ・ハイ
試写会で観ました。 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2008/07/14 23:20
クライマーズ・ハイ 2008-39
「クライマーズ・ハイ」を観てきました〜♪ ...続きを見る
観たよ〜ん〜
2008/07/15 21:44
【映画】クライマーズ・ハイ
■動機 クライマーズ・ハイならば観ないわけにいかない ■感想 原作を捻じ曲げてまで伝えたかったものは何? ■満足度 ★★★★★☆☆ おまけね ...続きを見る
新!やさぐれ日記
2008/07/15 22:13
『クライマーズ・ハイ』
&nbsp;□作品オフィシャルサイト 「クライマーズ・ハイ」□監督・脚本 原田眞人□脚本 加藤正人、成島 出□原作 横山秀夫&nbsp; □キャスト 堤 真一、堺 雅人、尾野真千子、山崎 努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、螢雪次朗、西田尚美、でんでん、小澤征悦、高嶋政宏、マギー、滝藤賢一、皆川猿時、中村育二、野波麻帆、 ■鑑賞日 7月13日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 一部に新人女性記者がいたものの、男臭さと男社会を描いた... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2008/07/16 12:35
【2008-162】クライマーズ・ハイ CLIMBER'S HIGH
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2008/07/19 02:42
クライマーズ・ハイ
クライマーズ・ハイ HP http://climbershigh.gyao.jp/ ...続きを見る
Art- Mill  あー...
2008/07/20 00:18
『クライマーズ・ハイ』@TOHOシネマズ(試写会)
クライマーズハイ。小説は未見、しかしNHKのTVドラマ版は鑑賞。今回シネコンのTOHOシネマズのスクリーンで試写。スクリーンも椅子もよく座席も選べるので最高です♪30代以上の人はご存知かと思いますが日航ジャンボ機の墜落事故。ヘリから救出されたシーンなど... ...続きを見る
たーくん'sシネマカフェ
2008/07/23 14:27
クライマーズ・ハイ 見てきました。
 代休をとって映画三昧!と思っていたのですが、暑くて出かける気にならなかったので夕方から。。。と言うわけでクライマーズ・ハイを観てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2008/08/02 19:10
チェック、ダブルチェック。~「クライマーズ・ハイ」~
まずは黙祷。 亡くなった方々のご冥福を祈ります。 また8月がやってくる・・・。 レーダーからジャンボが消えた。 その一報から始まった新聞社内のドタバタは 緊張と混乱と妬みと野望とPTSDと・・・。 第三者からみてそのぶつかり合いは すごいもんがあるんだけど、 少.. ...続きを見る
ペパーミントの魔術師
2008/08/09 18:20
『クライマーズハイ』@丸の内TOEI
1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者520人の大惨事が起こった。前橋にある北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により、一匹狼の遊軍記者・悠木和雅が全権デスクに任命される。そして未曽有の大事故を報道する紙面作り―闘いの日々が幕を開けた。さっそく ...続きを見る
映画な日々。読書な日々。
2008/08/12 00:30
クライマーズ・ハイ を観ました。
最近ペースがメッキリ落ちている映画鑑賞です。あー観たいのがたくさんあるのにね?まぁ仕方ないのでチョビチョビやります…。 ...続きを見る
My Favorite Things
2008/08/16 20:32
クライマーズ・ハイ
こんばんは。今回は横山秀夫原作、堤真一主演の映画『クライマーズ・ハイ』の感想です。あらすじ。群馬の地方新聞社のつまはじき者、悠木(堤真一)は山登りが趣味だった。ある日、日航機墜落の知らせが入り、悠木はその事件の全権デスクに任命される。世界的大事件になるか ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2008/08/20 18:50
mini review 08348「クライマーズ・ハイ」★★★★★★★★☆☆
1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄(ほんろう)される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説を、映画『金融腐蝕列島 [呪縛]』の原田眞人監督が映像化した。地元新聞社の熱血漢デスクを『ALWAYS 三丁目の夕日』の堤真一が演じたほか、『殯(もがり)の森』の尾野真千子ら実力派が集結。感情が激しく交わる濃密な1週間の人間ドラマに圧倒される。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2009/01/14 04:57
『クライマーズ・ハイ』'08・日
あらすじ1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者52人の大惨事が起こった。北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により悠木和雅が全権デスクに任命される。そんな時、販売部の同僚で無二の親友・安西がクモ膜下出血で倒れたとの知らせが届く... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2009/06/03 08:29
クライマーズ・ハイ
2008 日本 邦画 ドラマ 作品のイメージ:泣ける、切ない、スゴイ、ためになる 出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、山崎努 ...続きを見る
あず沙の映画レビュー・ノート
2009/06/12 20:48
クライマーズ・ハイ(感想121作目)
クライマーズ・ハイはWOWOWで放送ありして鑑賞したけど 結論は私が生誕の1985年事故の作品も凄く良かったよ ...続きを見る
別館ヒガシ日記
2009/07/09 15:02
「クライマーズ・ハイ」
原作本を読んで、感想は書いた(「クライマーズ・ハイ」 横山秀夫)。映画も、なかなか面白かった。 ...続きを見る
或る日の出来事
2010/03/18 22:35
DVDレビュー「萌えの朱雀」「リアリズムの宿」「ギプス」尾野真千子特集
朝の連続テレビドラマで高視聴率を誇った「カーネーション」 脚本の見事さもさることながら、主役の尾野真千子の力が大きかったと思う。 そんな彼女が彗星のごとく現れたかのように思っていた私だけど、よくよく見ると、彼女の出演作のDVDが結構うちにあったのだった。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2012/04/17 00:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(29件)

内 容 ニックネーム/日時
ノルウェーまだ〜むさん、こんばんは!

硬派で緊迫感がある映画でしたね。
ほんとにドキュメンタリーのようでした。
「突入せよ、あさま山荘事件」とか原田監督はこういうタイプの映画は上手です。
仕事柄、新聞社などの媒体社とおつきあいあるのですが、けっこうそのあたりリアルに描かれていました。
編集局、広告局、販売局が対立する場面がありますが、現実もそんなところありますね。
編集局が気にするのは読者、広告局が気にするのは広告主、販売局が気にするのは販売店。
それぞれが自分の部署が新聞社を支えているという自負がありますが、見ている先がまったく違うので、現実にもいろいろ対立はあるようです。
やはり新聞社にいた横山秀夫さんならではで、リアリティがありました。
はらやん
2008/06/22 22:50
はらやんさん、早速コメありがとうございます〜
なるほど、編集局・広告局・販売局のそれぞれの言い分も分かるわけで、お互いけん制しあって仕事をするのは、どの会社も同じなのかもしれないですよね。
実はガムをクチャクチャといかにもいやらしい販売局の局長を演じているのが、娘の好きな‘グループ魂‘のカオルさんなのですが、いつもよりずっと大人しい〜と感じてしまいました。
ノルウェーまだ〜む
2008/06/22 23:48
これ、原作にすごく興味があって・・・でもまだ読んでいない本です。
ヒット作家、と思っていた横山氏が、実際に記者として御巣鷹山を取材していた、と知ってびっくりして。また興味が湧いたので、そのうち絶対読もう。

しかし、まあ、相変わらずヒット作の映画化、ばっかりだなあ・・・。仕方ないんでしょうが。
サリー
2008/06/23 05:34
こんにちは〜〜。
コレは見ごたえがありそうですね・・・
試写会応募してるけど、人気ありそうだから、無理かな?
観たら、またお邪魔します〜

久しぶりに、ご家族水入らずで楽しめましたか〜?
岩盤浴、したことないんです〜><。気持ち良さそう・・・
マリー
2008/06/23 12:25
サリーさん、私もこれから原作読みます!
ヒット作の映画化は、ある意味いいようで、難しいところありますよね。
やっぱり読んだほうが面白い〜とか。
今回は正直、読まないとちょっと分かんない部分が多いかなぁ。
‘ヒット作の映画化‘はいいですが、‘ヒット作家の作品の映画化‘は、もう少し考えて欲しいですよね。
ノルウェーまだ〜む
2008/06/23 13:05
マリーさん、こんにちは!
岩盤浴、いいですよぉー
私はじめは、人の汗かいた所に寝るのってどうよ?って思っていたけど、清潔にしているし、大判のタオルも借りられて気持ちいいったら!
初回はなかなか汗の出なかった私も、今回はすぐに汗が吹き出るようになって、やっぱ毛穴詰まってたんだなーと実感。
それでも友達やパパンよりずっと出方が少なくて、くやし〜っ!もっと沢山汗かいて、年いってから加齢臭が出ないようにしなくては!
ノルウェーまだ〜む
2008/06/23 13:10
こんばんわ。
もう映画版観られたのですね!試写会羨ましいです。
私も応募したんですが・・・当たらないか・・。
原作も読みまして、ドラマ版も観ました。
ドラマ版が良かったので、映画も楽しみにしてます。
この硬派な雰囲気がたまりません。
ふるふる
2008/06/24 00:58
試写会で観ました。
原作と違うと噂に聞いてしまったので、友達から借りて原作読んでます。
なかなか進みませんが^^;
甘塩
2008/06/24 02:25
ふるふるさん、こんにちは☆
ドラマ版あったのですね?全然知らなかった〜
ドラマはどなたが主演だったのでしょう?
久しぶり大人の映画ってかんじでしたね。
是非、劇場でご覧になって!
ノルウェーまだ〜む
2008/06/24 09:28
甘塩さん、原作挑戦中なのですね!
私もこれから、読み始めますぅー
といいつつ、現在‘もやしもん‘読んでて、なかなか読書に手をつけられず…
読んだらまた感想聞かせてくださいね!
ノルウェーまだ〜む
2008/06/24 09:30
またまた来ました。
ドラマは、NHKで放送されてDVDになってます。
佐藤浩市、大森南朋、新井浩文、高橋一生、岸部一徳などなど。こちらのキャストもすごいです。
もうすぐ公開ですね。見に行こうと思います(^_^)!
ふるふる
2008/07/03 23:55
ふるふるさん、再訪ありがとー
ドラマもすごいキャストで興味津々だわ〜
やっぱりここまで硬派な映画は、しっかりした役者でないとみせられないってところありますよね。
映画観たら、また来てね!
ちなみに、「足跡をつけたのは誰?」のところへも来て下さいませ〜
ノルウェーまだ〜む
2008/07/04 00:46
ノルウェーまだ〜むさん こんにちは♪
公開初日の初回で観て来ました!!!
堤さんが好きなのでとても期待していた作品で、その期待通りに見応えがあって良かったです。
私も改めて新聞記者という職場の内情を垣間見ました。
まるで"掃除婦のおばちゃんは見た!"すよねぇ〜(笑)
なぎさ
2008/07/05 15:46
なぎささん☆こんばんわ☆
堤さんいいですよね〜
娘が邦画好きなので、よく観ますが、いいな〜と思った作品には、たいてい堤さんが出演してますね。
「メトロ…」はいただけなかったですが〜
ノルウェーまだ〜む
2008/07/05 22:34
こんにちは。
>どうして、そんなに身内で足を引っ張り合うのか?
マスメディアの特異性は分るけど、あまりな光景は見ていて気持ち悪かったです。

堤さんはこういう役が似合いますねー。
そして、いつもニコやかな堺さんの目が恐かったですw
たいむ
2008/07/06 00:07
たいむさん、こんばんわ☆
私も同感です。
ニコニコ目の堺さんの目が笑ってないのが、チョー怖かったです〜
堤さん適役でしたが、最後の登山のシーンとラストのシーンは、もう少し年取ってくれてないと、時代設定が分かりにくいですよね。
ノルウェーまだ〜む
2008/07/06 00:24
こんにちは。

自分のところでお返事書いたことと重複しますが
こちらにも少し書かせて

あの映画は、足の引っぱり愛というよりも、
それぞれの職務意識による各部間の綱引きではないでしょうか。
でも、どうしても自分の属するところ(部)を中心に考えてしまう。
(もちろん、過去の自分の栄光を乗り越えられたくないという部分も描かれては今舌が)
ちなみにぼくがいた社では
社全体を見回せる社員になるように
編集→広告とか販売→編集とかいった
「ジョブローテーション」なんてのが行なわれたりもしていました。

ちなみに『トウキョウソナタ』では
事務方ひと筋に勤め上げていた主人公をリストラする
非情なシーンが出てきます。
オールマイティとプロフェッショナル、
どちらがいいのかこの時代難しいですね。
えい
2008/07/06 17:54
こんばんは☆
ドキュメンタリー風な映像で緊張感がありました。
本当に新聞社で働く掃除のおばちゃんな感じですよねぇ。
新聞社の裏事情も興味深いものがありました。
堤さん目当てで観に行ったようなもんなんですが、堺さんの演技も良かったです〜
キャストはとても良かったんですけど、前に見たドラマの方が良かったかもしれません^^;
ゆかりん
2008/07/06 22:43
ノルウェーまだ〜むさん、こんばんは!
コメントありがとうございました♪お返事遅くなりました。

>自分の父親くらいの人の、なかなか超えられなかった壁を、越えさせてあげる安西の息子は、なんだかすごい大人だ。

ドンドンドン(←机を叩く音^^;)激しく同意いたします〜♪
山男のイイところ全部持っているような、とても魅力的なキャラでした。
父親くらいの年齢の人をキチンと導き、全く正当な意見をキチンとぶつけられて、本当に惚れました。(^^;;;
当時の記者たちの仕事ぶりは本当に苛酷で、編集局の空気感にも圧倒されましたね。
でもわたしはああいう刺激的な職場にメチャ憧れます。
もしかしてMなのかも?(^^;;;
ルールー
2008/07/07 19:50
えいさん、現場を知っている方ならではのコメ、なるほど〜です。
私も広告・編集・販売の関係は、足の引っ張り合いというより、当然の主張と受け止めていますが、過去のことに縛られた妬みによる嫌がらせは、なんだか大人のすることじゃぁないな〜と思ってしまいました。

ゆかりんさん☆こんばんわ〜
ドラマを見損ねたので、なんだか残念な気がします。
そんなにドラマ良かったんですか!?
再放送ないのかな〜??
ノルウェーまだ〜む
2008/07/07 22:19
ルールーさんこんばんわ☆
…って、Mなのですか〜〜っ?
私はこんなピリピリした職場で掃除のおばちゃんをやるのもゴメンだわ〜
安西の息子は、山に登っているときもかなりの大人でしたが、病院に入院していた時の子供の時のシーンでも、かなり大人でしたね。
公式サイトでは、安西の息子と悠木の息子は同じ年の設定のようですけど、安西の息子が断然お兄さんのように見えちゃいました。
ノルウエーまだ〜む
2008/07/07 22:25
こんばんは☆
本当に、ドキュメンタリーを観ているかのようでしたね。
すごい緊迫感。。。あんなところで働いていたら私倒れちゃう。。。
映画としては、とても見ごたえありました!
セクハラのこととか悠木の出生のこととか必要なのかな?とも思いましたけど。
原作もドラマもよいみたいなので、ぜひともそちらも観てみたいと思います!
きらら
2008/07/10 21:55
きららさん☆ こんばんわ☆
私も、悠木の出生の秘密が、もっと大きな鍵を握っているんかと思いきや、匂わせるだけで、あまり関連なかったじゃん…と思っていました。
原作これから読みますーっ!
ノルウェーまだ〜む
2008/07/10 23:39
こんばんは〜
やっとこすっとこ(コレって標準語?)稚拙なレビューを書いたのでお邪魔しました。

ノルウェーまだ〜むさんの
>新聞記者は言霊遣いなんだなー
の表現に、コレだ!と思いました。本当にそうなんですね・・・同じ記事でも書き方ひとつ、思い入れひとつで全く違うものになっちゃうような・・そんな気がします。

歳取った彼を登らせた、あの親友息子さん〜考えてみれば凄いですよね。そしてあのピック?を打ち込んでおいたのは息子って。出来すぎ〜と思いながら泣いてしまった私(笑)
マリー
2008/07/13 00:38
マリーさん、こんにちは
新聞記者に限らずですが、同じことを訴えようとしているのに、表現の仕方によって、受ける印象が違うものですよね。
最善の方法で紙面を造っている新聞社の人たち〜なるほど優秀な方たちばかりなのが、よく分かりました!
ノルウェーまだ〜む
2008/07/13 11:34
こんにちは、コメント有難うございました。
返事が遅くなりごめんなさいね。
あれから実に、23年の歳月が流れようとしているのですね。
これまで腫れ物のように捉えてきた日航機墜落事故の映画化。
衝撃の墜落現場の再現!
思わず息を呑む光景が、目の前に広がり恐いくらいに臨場感を増した状況のリアルさに思わず絶句してしまいました。
事故現場に馳せ参じた県警キャップを演じた、堺雅人さんの演技が印象的でした。
確かにこの作品は、日航機墜落事故のことを扱っていますが、命をかけて懸命に事実を伝えようとする人たちに蕉点を当てて、報道のあり方と人間が働くこと、生きることについて問いかけている作品だと思います。
まるで新聞社で働く掃除のおばちゃんとして、その現場に居合わせたような気分になった>まだ〜むさんの、この記事最高に受けましたよ!
原作は読んでいませんが、ラストのニュージランドへ息子に会いに行くところは、いらなかったような気がしました。
パピのママ
2008/07/16 15:56
パピのママさん、こんばんわ☆
そうなんです〜、新聞社や雑誌社で働いた経験のある方が、結構いらっしゃる中で、私は一度たりとも、そういった緊張感のある職場にいたことがないので、どうしても‘掃除のおばちゃん目線‘になってしまうのでした…トホホ。
最後のシーンはある意味、「クライマーズ」という点では登山と息子との関係として必要だったのかもしれませんが、せっかくの緊張感とスピード感のある話が、最後に来てゆるっと緩んでしまったのは否めませんね。
ノルウェーまだ〜む
2008/07/16 22:57
新聞社って、すごいですよね〜。戦場みたい。
のんびり屋な私では、とても編集記者は勤まらないです。
特ダネを追う宿命なんて、疲れます。
見ているぶんには、おもしろかったけれど、あの事故の悲しさをネタにして向き合わなければならないのも、苛酷な商売ですよね。
ボー
2010/03/20 00:23
ボーさん、こんにちは☆
本当に過酷な職業ですよね。
精神的にも疲れるでしょう…
私だったら、やっぱり掃除のおばちゃんまででしょうね。(笑)
ノルウェーまだ〜む
2010/03/20 02:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
「クライマーズ・ハイ」高度な映画 ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる