ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 辛いもの好きは遺伝?タイ料理‘COCONGO‘

<<   作成日時 : 2007/11/06 15:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

私の周りには、辛いものが苦手な人が多い。
ランチでも?という時に、「韓国もあるし、タイ料理もあるし・・・」というと、大抵は「ごめーん、辛いものはちょっと・・・・」となる。

むきーっ!!!
誰か私とタイ料理に行ってぇええええーーーー!
心から残念なことに既に閉店。



子供が生まれる前は、結構よくあちこちのタイ料理とか、食べ歩いたものだった。
家でもよく、グリーンカレーを作ったりした。
冷蔵庫には、いつもグリーンカレーのペーストの入ったバケツ型容器が入っていた。


しかしいかんせん、子供が生まれると、そうそう辛いものは作れないし、食べに行けない。
辛いものを諦めて、はや、17年が過ぎた。



そんな折、振り替え休日にねえねがグリーンカレーを食べたいと言い出した。
しめしめ・・・・・・いいぞぉ〜

画像


場所は、原宿竹下通りを抜け、明治通りを渡ったムラサキスポーツを左へ、通称‘とんちゃん通り‘を斜めに入る。
道の向こうにユナイテッドアローズが見えるので、その前を通り過ぎてちょっといくと、すんごいちっちゃな蕎麦屋があるので、その角を左に入ったところ。
ものすごく分かりにくい。

名前は‘COCONGO`


行けるものなら行ってみろ!というロケーションにある。
お隣は、実は有名人のおうち。
目印は、ぽつんと立っている子牛の剥製。


画像

内装はすごく凝っていて、色々なタイプのテーブルセットや、面白い飾り物が置いてある。
ブランコタイプの椅子は、一度チャレンジしようとしたが、やはりユラユラして食べにくいので、諦めたことがある。

画像

オススメは‘旅人のカレー‘1100円。
レッドカレーとグリーンカレーの2種類の味が一度に楽しめる。
マンゴーヨーグルトのデザートが付く。

他にグリーンカレーだけのものもある。こちらは950円。

画像

私はいつも、トムヤムクンヌードル。
卵麺とライスヌードルの2種類から選ぶ。

タイ風ヌードルというのもあって、こちらは辛くない。


最近ますますパワーアップしている辛いスナック‘暴君ハバネロ‘が大好きで、買いだめしているねえね。
これはイケるかも〜〜と、密かにトムヤムクンスープなどを作って食べさせておいてよかった!
勿論、パクチーなどはまだ食べられないが、タイ料理特有のナンプラーなどの香りにも、少しずつ慣れてきているようだ。


何でも慣れ?

そういえば、昔オスロのフログネル公園で、ピクニックに来ているタイ人が、どう考えてもグリーンカレーの香りのするものを、赤ちゃんに食べさせていた。
いくら、ココナツミルクで甘く作っても、ありゃ辛いだろーに・・・・
辛さを認識する以前に慣らしておけば、子供の頃から食べられるようになるのかな〜と、ボンヤリ思ったものだった。



もう、辛いもの食べないママ友をムリに誘わなくったって、ねえねと行くもんねーっ!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私は辛いものがだ〜い好き♪なので、帰国したらおつきあいくださいねー。
尤も、私が特に好きなのは、インド料理&韓国料理。(インド料理好きが高じて、インド旅行したくらい・・・)
幸い、私は仲良しの友達がみんな辛いものオッケーです。私のいままでの交友範囲では、むしろ男性は辛いものが苦手、という印象が。でも我が家のオットは、韓国出張で無理やり慣らされ、今では「韓国人もびっくり」の辛党になってしまったので、やっぱり慣れってあるんでしょうね。お嬢さんを教育だ!!
それと、トムヤムクンの缶詰とかあるので、お一人のランチにそういうものを召し上がっては?

ところで、昨日ふと、なぜか本家HPの方を拝見させていただいていて、ケイジャン料理のレストランに触れているのを発見しました。私、昔、日比谷シャンテの地下にあったケイジャン料理屋のチキンが大好物だったんです。つぶれてから、他でケイジャン料理を見つけられない。もし、日本でいいお店を見つけられたら、教えてください&連れて行ってください!!
サリー
2007/11/08 01:38
ケイジャン料理??うーん、覚えてない…
実は、この手の辛い&エスニックな料理はパパンのオハコで、彼が大抵連れて行ってくれるのです。
このブログでも紹介している、六本木の中国四川料理「火鍋屋」は、シャビーなかんじがたまらない、オススメのお店ですよ!帰国時には、是非行きましょう!!
ちなみに、今日いきなり友達が夕食食べにきたので、タイ料理作ったの。唯一辛いものを食べる古くからの友人なのでした。
ノルウェーまだ〜む
2007/11/08 23:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
辛いもの好きは遺伝?タイ料理‘COCONGO‘ ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる