ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 801御用達映画「バッテリー」で超感動!

<<   作成日時 : 2007/04/29 00:50   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 27 / コメント 18

りょうた(四年生)の野球好きの同級生が、ピュアな気持ちで「すごくよかった!」と言って、自分のお小遣いで原作本まで買ってしまったという映画「バッテリー」
実はこの映画、801ちゃん(‘やおい‘と読む)の間で評判の映画だという事は、801ちゃん系以外の人には知られていないことだろう。

え?801(やおい)って何って?

知らないなら、そのまま知らないでいて!
我が家の801ちゃんに誘われて、不純な動機で観に行ったこの映画は、そんなことどうでもいい!!くらいに、普通にものすごく感動する映画なのであった。

画像

バッテリー公式サイト

<ストーリー>
都会から病弱な弟のために、田舎の祖父の家へ引っ越してこなくてはならなくなった巧(林 遣都)は、野球のたぐいまれなる才能を持つ、天才ピッチャー。
弟にばかり気持ちが向いている母に、いつも野球なんかやめてと言われつつ、孤独に練習に励んでいる。

地元の同級生、豪(山田健太)とはすぐに意気投合し、バッテリーを組む。
大人でも取れないような巧の剛速球を、何球か練習するうちに、豪だけはすぐキャッチできるようになり、二人は強い絆で結ばれていく。

中学に入学し野球部に入る二人。
巧の才能と、周囲に打ち解けようとしない自信満々な態度に、先輩からはひどい仕打ちを受けるが、仲間たちとともに乗り越えいていく。

そんな二人にも、危機が訪れる。
心がすれ違い、ピッチングも乱れ、試合もままならなくなる。
練習にも来なくなる二人。
大事な試合も近いのに・・・と心配した野球部の仲間は・・・・・



画像


とにかくいい!

もう、最初っからずーっと泣いちゃったよ。
なんか、泣くシーンじゃぜんぜんないのに、泣けてきちゃうんだよねぇ。

とくに主役の二人。
どうせ、かわいい俳優使って、青春のさわやかなスポーツものってことでしょ?的な気分で、期待しないで観に行って、ほんとーにごめんなさい。

なるほど、『映画界のハンカチ王子』って評判は、間違ってないよ!
こういう美形の男の子を使っているっていうのも、スポーツ物もどっちも嫌いな私が、完全にノックアウトされるくらいに、完璧に内容で感動してしまった・・・

特に主役の巧の「奥さん」(バッテリーを組んだ時の)として、彼を支えていく役のキャッチャーの豪が、ものすごくいい!!!
申し分ない。
巧のちょっとした心の動揺を、すばやくキャッチし、フォローする。
巧のかたくなな心も、きちんと受け止め、大きく包み込む。

「わしが全部受けちゃる。」




あー・・・・私、オットとちゃんとバッテリー組めてるのかなぁ?
やっぱ、どっちかっていうと、オットがキャッチャーだなぁ・・・・・(反省)




彼ら二人がいいのは勿論、彼らを取り巻く同級生もすごくいい!

特に、臆病者でお寺の息子サワは、二人の最大の危機を救うわけだが、これがまた泣ける!
実はこの役の米谷真一くん、テレビCMでよく見かけた子だ。
随分前に、お弁当か何かのCMで、いい味出していた。
ほんの幼稚園の頃から‘じじい‘っぽい顔で、一度見たら忘れない印象だったが、もう12才になっていたのね・・・・・

巧の祖父(菅原文太)がまたいい。
昔、甲子園で4番を打っていたという設定なのだが、巧に野球をするなという母(自分の娘)の言葉も上手にかわして、巧に寄り添ってあげる、最大の理解者となっている。

冒頭のシーンで、祖父に始めてあった弟の青波(鑓田あきひろ)が、気持ちのいい挨拶をしている横で、ふてくされて挨拶もしない巧に対して、「これが巧流のあいさつじゃ。」と言う。
この寛容さ。
こういったあったかい大人が身近にいてくれたら、子供はどんなにいいだろう・・・・
(こっからもう、泣いていた私)

実際、撮影の前に、主役の二人の頭を、毎日なでてくれたという菅原文太。
そんな人柄が、しっかり役にも出ていた。
やくざ映画ばかりじゃないんだねー。

久しぶりにつっこむとこなし!な映画だった。

強いて言えば、主役の二人が12〜13才の設定なのに、実際は15・16歳だったために、中学三年生の役の先輩たちが、やたらおっさんくさいっていう所くらいかな。
あれじゃあ、「ぼくたち受験をひかえているから。」って、大学受験?と思ってしまうよ。


801ちゃんのお気に入りのシーンは、このへんかな〜?と、時々脱線もしたけど、純粋に感動できる、今のところ、私の一押しの映画。
春休み映画を今頃観たために、小さい映画館でしかやってないのが、ちょっと残念。
大きなスクリーンで、田舎の美しい景色も楽しみたかった。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(27件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
野球つながりアニメ「おおきく振りかぶって」
スポーツ音痴の我が家のメンバー。 りょうた以外は、スポーツしないどころか、スポーツ中継もいっさい見たことない。 当然ルールすら知らない我が家で、今なぜか野球ブームなのだ。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・ジャパン
2007/04/30 18:04
バッテリー
&nbsp; &nbsp; いまだからこそ、 できることがある。 &nbsp; &nbsp; &nbsp; ...続きを見る
Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
2007/05/01 00:36
バッテリー
4月7日(土) 17:15〜 TOHOシネマズ川崎8 料金:1300円(川崎の金券屋で前売り購入) パンフ:500円 ...続きを見る
ダイターンクラッシュ!!
2007/05/01 01:44
『バッテリー』
いまだからこそ、できることがある。 ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2007/05/01 08:25
バッテリー 60点(100点満点中)
魔境の鉄人レース 公式サイト ...続きを見る
(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取ら...
2007/05/01 15:22
映画「バッテリー」
監督:滝田洋二郎 出演:林遣都、山田健太、菅原文太、天海祐希、岸谷五朗 ...続きを見る
日々のつぶやき
2007/05/01 15:24
映画 バッテリーみました
映画 バッテリーみました。 ネタばれ含みますのでご注意ください。 ...続きを見る
Happy☆Lucky
2007/05/01 15:29
バッテリー
製作年度 2006年 製作国 日本 上映時間 118分 監督 滝田洋二郎 原作 あさのあつこ 脚本 森下直 音楽 吉俣良 出演 林遣都 、山田健太 、鎗田晟裕 、蓮佛美沙子 、萩原聖人 、上原美佐 、 濱田マリ 、米谷真一 、山田辰夫 、塩見三省 、岸部一徳 、天海祐.... ...続きを見る
タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
2007/05/01 17:54
『バッテリー』鑑賞!
『バッテリー』鑑賞レビュー! いまだからこそ、できることがある! ...続きを見る
☆★☆風景写真blog☆★☆healin...
2007/05/01 17:58
映画「バッテリー」を観ました!!(2007-06)
映画「バッテリー」を観ました!!2007年の第6作目です。 ...続きを見る
馬球1964
2007/05/01 18:04
映画 「バッテリー」
予告編を観て気になった「バッテリー」を観に行きました。 ...続きを見る
めいのハマリモノ
2007/05/01 19:31
★★ 『バッテリー』
2007年。 東宝/角川/TBS. ...続きを見る
映画の感想文日記
2007/05/01 19:59
『バッテリー』
「いやあ、これは折り目正しいというか 実に端正な映画だったね」 ----ん、どういうこと? 「どのショットも、まったく浮つくことなく その構図に落ち着き、安定感があるんだ。 スクリーン・サイズはスコープ。 本来ならば、このサイズは風景の広がりを見せたり、 人物と人物の関係を描くのに向いているんだけど、 なぜかアップ、もしくはバストショットが多い。 まるでスターで客を呼んでいた60年代の日活映画のようだった。 しかも登場人物のポジションは 決まってスクリーンのセンター。 青春映画と言うと、その悩み... ...続きを見る
ラムの大通り
2007/05/01 20:26
「バッテリー」
  試写会で観てきました。   「バッテリー」   ...続きを見る
しんのすけの イッツマイライフ
2007/05/01 21:18
「バッテリー」 少年よ、思う存分輝け!
要するに、こういう映画に出会うために、自分は映画を観続けているんだなと思いました。 あさのあつこさんのベストセラー小説を、滝田洋二郎監督が映画化した作品「バッテリー」。 最初から最後まで、とても幸福な気分に浸りながら鑑賞しました。 もちろん、今年これまで観た映画の中では一番のお気に入りです。 ...続きを見る
明日へのヒント by シキシマ博士
2007/05/01 21:44
バッテリー
今日は映画『バッテリー』を観て来ました!感想は…、 ...続きを見る
ぐうたら日記
2007/05/01 21:57
「バッテリー」野球はみんなのもの!心の絆が確り描かれた友情ストーリー
「バッテリー」はあさのあつこさん原作の映画で1人の天才投手が野球を通じて友情と絆を深めていくストーリーである。日本では国民的スポーツである野球を通じて色々なドラマを1つ1つ丁寧に描いたストーリーは観終わった後に感動を残してくれるだろう。 ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2007/05/01 23:13
『バッテリー』
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]          2007/03/10公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:] 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 満足度[:星:][:星:][:星:]  ...続きを見る
アンディの日記 シネマ版
2007/05/02 01:00
映画「バッテリー」見てきました
映画見に行くの、久々だなぁ、と思ったら、Zガンダム劇場版V以来でした^^ まともな映画は「容疑者 室井慎次」以来。 ...続きを見る
コウサする日々
2007/05/02 02:46
バッテリー
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/e5bb551569226f34ad6fe18346d9fc44/d2 ...続きを見る
八ちゃんの日常空間
2007/05/02 08:38
バッテリー
原作=あさのあつこ。脚本=森下直。撮影=北信康。音楽=吉俣良。監督=滝田洋二郎。 中学校入学を控えた春休みに、病弱な弟の転地療養も兼ねて、母親の実家がある岡山の田舎へ引っ越して来た原田巧は、そこで最良のキャッチャー永倉豪に出会い、バッテリーを組むことになるが・・・。☆☆☆☆ ...続きを見る
ようこそ劇場へ! Welcome to ...
2007/05/02 17:17
映画を観る→『バッテリー』
映画『バッテリー』を観て参りました。 天才野球少年・巧。 病気勝ちな弟のため、母 ...続きを見る
ぽっぽのまいにち
2007/05/02 22:43
『バッテリー』 〜大ヒット児童文学の実写化〜
『バッテリー』(角川映画)118分  原作  :あさのあつこ  監督  :滝田洋二郎  キャスト:林遣都/山田健太/萩原聖人/天海祐希/岸谷五朗(あらすじ)岡山に引っ越してきた巧は豪に出会う。剛速球ピッチャーの巧は自分の球をすぐに捕れるようになった豪を認... ...続きを見る
INOの映画日記
2007/05/03 05:04
バッテリー
「イオン下田TOHOシネタウン」での1日4本鑑賞ですが、1本目が、 ...続きを見る
欧風
2007/05/06 12:58
バッテリー
天才的な野球の才能を持つ少年が主人公の青春映画。仲間の大切さや家族の絆など、直球勝負のさわやか映画だが、展開が読めすぎで見ている方はすこぶる退屈。とはいえ、今の時代にこそ、こういう物語を作る意味も分かるので、悪口が言いにくい。原作はあさのあつこ。(シネマ.... ...続きを見る
映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライター...
2007/05/06 21:18
映画 バッテリー 感想
原作ファンなのですごく心配だったのですが(児童書で出版されたときからよんでました)、下馬評どおりというか、安心しました。とりあえずあの頃の自分に「巧と豪マジにいたよ!会ってきたよ!」って自慢したくなったww正直、期待以上でした(偉そうですいませんいや、原作... ...続きを見る
Ondul Blog ver.2.07
2007/05/07 09:58
バッテリー(2006)
原作は、人気作家あさのあつこの代表作である同名ベストセラー。オーディションで見出された新人、林遣都が、その美貌や雰囲気もさることながら、天才ゆえの孤独を抱えて、ちょっと鬱屈した中学生ピッチャーを、よく表現してて秀逸でした。出てきた当時の、まだ少年少年した感じに、それだけで、なんだか胸キュン。同じ意味で、あどけなさの残る蓮佛美沙子や、病弱で純粋な弟クンとか、キャッチャー役になる子の、ガタイの良さとか… 脇を固めるベテラン達も良くて、全てに渡って、とてもキャスティングがヨイなぁ、と感じました。菅原文... ...続きを見る
のほほん便り
2016/09/07 10:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ!コメント&TBありがとうございました!

良かったですよねぇ〜!
感動もたくさんあったし、何よりサワくんが光ってましたよ!
スポーツってやっぱりイイなって思わせてもらいました!子供には絶対スポーツをしてもらいたいです!
あっしゅ
URL
2007/05/01 00:52
トラックバックありがとうございます。801御用達とは知りませんでした。まあ、一人で見に来ている女性が意外にいたので、???だったのですが、そういうことなんでしょうか。あ、青波はショタ用だ。
映画は原作をうまくまとめてうたと思いますが、感動させるための脚色が気になりました。嫌いじゃないですが。
バラサ☆バラサ
URL
2007/05/01 01:43
ノルウェーまだ〜むさん、はじめまして^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

清涼感のある素晴らしい映画でした! 久しぶりに心にいい汗をかけた映画でした。主人公二人の新人らしからぬ演技は特筆できますね^^
cyaz
URL
2007/05/01 08:54
あっしゅ様、ようこそ!
本当にスポーツっていいですよね。
そしてスポーツだけでなく、気持ちの通い合ういい友達を沢山見つけて欲しいですよね。
ノルウェーまだ〜む
2007/05/01 13:26
バサラ☆バサラ様、こちらこそTBありがとうございます。
原作は未読なので分かりませんが、6巻もあるようなので、それが上手くまとめられていたのなら、すごいですよね。
ノルウェーまだ〜む
2007/05/01 13:31
cyaz様、ようこそ!
心にいい汗…いいですねぇ!これ貰っていいですか?
久しぶりピュアな気持ちになりましたね。
ノルウェーまだ〜む
2007/05/01 13:33
初めまして。TB&コメントありがとうございました。
やはり、感じたこと、ツッコミ処は同じですね(笑)
原作もすごく読んでみたいのですが、まだ未読です。
忘れかけていたピュアな気持ちが一瞬蘇ってきましたよ。(一瞬かよっ!)
また遊びに来ますね。宜しくお願いします!
めい
URL
2007/05/01 19:29
こんにちは、コメントありがとうございました、TBされたとのことですが、来ていないみたいです。アメーバはけっこう反映されないことがあるみたいなんです。劇場で親子でのお客さんが目立ちましたが、やっぱり泣いてるのはお父さんお母さんの方でした。
asphalt
URL
2007/05/01 20:04
めい様、ようこそ!
私も忘れていたピュアな気持ちが、この日ばかりは蘇ってきました。確かに。
横手二中の3年生の10才サバ読みは、反則ですよね〜
ノルウェーまだ〜む
2007/05/01 22:08
asphalt様、済みませんでした。
時々、何回やってもTBできてない時あるんですよね。
もう一度チャレンジしてみますね。
今回劇場でぐちゃぐちゃに泣いているのに、大勢の人が入り口の明るいところで待っていて恥ずかしかったです。
ノルウェーまだ〜む
2007/05/01 22:11
TB、来てませんが、またトライしてくださいね(笑)
私は原作のほうに愛着があるので、このエントリーにTBが来ると嬉しいです。
原作は、私の中ではスポーツ物じゃないです。そう、801系です(笑)
でも、主人公たちは無自覚のピュアなプラトニック・ボーイズラブだと、私は勝手に決めつけています。早稲田のハンカチ王子も801系だと、もっと素敵なのに〜と思っています(笑)そう、我こそは、スポーツ音痴の腐女子といおうか...汚超腐人なのです〜。
あん
URL
2007/05/01 23:04
こんばんは♪
TB&コメントありがとうございました!
純粋な心温まる作品でしたね。
巧や豪、周りを固める少年達がベストキャスティングで
かなり好印象でしたw
こーいち
URL
2007/05/02 01:04
トラコメありがとうございます。
蓮沸美沙子ですが、ファンというわけではなく、今年注目の若手新人として見届けているだけですよっ。
八ちゃん
URL
2007/05/02 08:41
こんばんは。
コメントありがとうございました。
何とも爽やかな映画でしたね。
私は涙までもう一歩というところでした。

こちらからトラックバックしてみたのですが
反映されないみたいで…ゴメンなさいね(^^;)
ミマム
URL
2007/05/02 21:17
ノルウェーまだ〜むさん、こんにちは、はじめまして。
「映画通信シネマッシモ」のまちこです。
私のブログにTBをありがとうございました。
先ほど、TB返しさせていただきました。
今後とも、仲良くお付き合い、よろしくお願いします!
まちこ
URL
2007/05/06 21:30
あん様、ようこそ!TBできてなかったですか?ごめんなさい。またチャレンジしてみますね。
原作そんなに801なのですか?(うきゃ!)
私は実際は腐女子ではなく、娘がそうなのですが、だんだん腐っていく自分に最近気がつき始めました。「腐ったミカンってやつですね)
是非、原作呼んでみますね。

こーいち様、いらっしゃいませ!
本当にキャスティングが絶妙でしたね。
一押しの作品ですよね!
ノルウェーまだ〜む
2007/05/08 09:43
八ちゃん様、こちらこそです。
蓮沸美沙子ちゃんは、せっかく可愛いのに、年齢が上すぎてちょっと浮いてて可愛そうでしたね。
今年注目なんですか?知りませんでした。

ミマムさま、涙までいま一歩でしたか?
私は年のせいと、思うところありで、最初から泣いていましたが…
TB反映されたりさんれなかったりですね。
ノルウェーまだ〜む
2007/05/08 09:55
まちこ様、こちらこそよろしくです!
ブログのお名前が、ちょっと気になって印象的でした。また、遊びにきてくださいね!
ノルウェーまだ〜む
2007/05/08 09:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
801御用達映画「バッテリー」で超感動! ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる