ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 女子高生の夜の遊びは・・・

<<   作成日時 : 2006/09/17 13:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

ねえねの友達が泊まりに来た。
ちょうど連休で、パパとりょうたが2人だけで実家の法事に行ったため、お泊り会を企画。

どういうわけか、りょうたもねえねも、家に人を呼びたがるのだけど、家もそう広くないし。


今日はそんなわけで、お互いのびのび〜


ねえねには、色々なジャンルの友達がいて、それぞれはほぼ接点がない。
バンプ オブ チキンのファン仲間と、高校の友人、ゴスロリ友達と、ネット友達、小説ファンとノルウェー仲間は、決して同じ空間にいることは、今までもまた、これからもないわけで。

今日やって来たのは、小学校からの同級生でもあり、今は全員違う高校に通っているが、中学の時の同窓生なのである。


この子たちといる時が、実は一番まったりして、ねえねにとっては癒される存在らしい。
ばりばりのオタ仲間だ。

ゲーマーだったり、アニオタだったり、それぞれ微妙に違うのだが、声優オタは共通らしい。

メンバーは5人。
そのうち、今日来たのは3人で、泊まっていったのは2人。

オタパワー全開の夜は更けていく・・・

早速始まったのは、ゲーム‘遥かなる時空の中で3‘だ。
画像


これは、「京」という異次元空間に、龍神の神子として召還された主人公の女の子が、8人のイケメンのお兄さん(?)たちともに力を合わせて、侵略を企てる鬼の一族に立ち向かっていく・・・というもの。

ゲーム‘遥かなる時空の中で‘公式サイト
http://www.gamecity.ne.jp/neoromance/haruka/

現在、劇場版‘遥かなる時空の中で 舞一夜‘が公開中らしい。
http://www.gamecity.ne.jp/neoromance/maihitoyo/


勿論、やつらは映画も見に行ってた。(ねえねはお付き合いで)
画像



「そなたに出会えてよかった・・・」

きゃ〜!!きも〜い!!

「神子さま、わたしが全てをかけてお守りします」

うわっ、きもっ!

全てがこんな調子で、
どうやら、彼女たちにとって、‘きもい‘はほめ言葉なのか?
好きな声優さんが話すたびに、わーわーきゃーきゃー。

・・・・・おばさんには、わかりません。


声優オタの問題点は、その声優が出ている作品を、全てチェックしなくては気がすまないところだ。
声優さんだって、生活かかっているんだから、いっぱいお仕事しているでしょうに。

このゲームは、そんな声優オタをも見事にターゲットにした、女性向けの恋愛シュミレーションゲームなのだ。
自分の出方しだいで、お兄さんと仲良くなれたりなれなかったり・・・

「あ〜、しまった、コイツに気に入られちゃったよぉ。」

あのね、実際はもっと複雑だから・・・・・恋愛って。


こうして、おバカな夜は更けていく。
パソコンやったり、ホラー映画も観たり・・・



オタメンバーのうちの一人は、小学5年の時に、お母さんを乳癌で亡くしている。
かれこれ6年前になる。
今はお母さんの遺品の中にあった、‘遥か‘と同じ会社から出している別の恋愛シュミレーションゲームに、はまっているらしい。

「いろんな意味で、せつないよ〜。」と彼女。



年頃の娘さんをお持ちのママさんたちに、
「うちの子、男の子と結構メールしているみたいなのよ〜」とか
「この前、ナンパされた〜とか言って、9時頃にもっと遊んでいい?って、電話があって・・・」とか、
「男の子もいる混合グループで、結構遊びに行ってるらしいのよ・・・・」とか
よく相談される。

確かに、男の子もいるグループで夜遅くまで遊ばれちゃうと、親としては心配だよね。


うちは、こうやって自分の家に集まって、様子はよくわかるし・・・・・

でも・・・

ある意味心配です!


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オンラインカジノが初めての方へ
■初めての方へ【ent!getとは・・・】・スロット、ルーレット、ブラックジャック、麻雀・・・いつの時代も人々を夢中にさせ、人々の心を魅了してやまないゲームの数々。そして、SNS(ソーシャルソーシャルネットワーキングサービス)と アフィリエイトサービスが新たに加わり皆様に幅広く楽しんで頂けることをお約束する総合エンターテインメントサイト。 それがent!getです。パソコンとインターネットに繋がる環境さえあれば、どなたでも気軽に本物さながらの臨場感あふれるゲームをお楽しみ頂け... ...続きを見る
オンラインカジノの楽しみ方
2008/06/04 21:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに、心配かも。(笑)
いえ、それは冗談で。それだけ沢山、いろんなお友達がいるなんて、すばらしいじゃないですか!
私はその年頃の時には、オタ友のみでしたから。ははは。それにお母さんがいてもそれだけ盛り上がれるのも、素晴らしい。私は一番人数が集まったときを思い出すと、「家に誰もいない日を狙って「戦場のメリークリスマス上映会」(中学時代)」ですねぇ。
一番ご心配なのは、お嬢さんが繊細な方だというところのようにお見受けするのですが、それはその時期を通り越し、大人になればよくも悪くもずうずうしくなれる・・・のではないか、と思うのですが。私は若かりし日は「描けねえ腐女子はただの腐女子だ」って感じで(当時はオタクも腐女子も存在しない言葉でしたが・・・)、趣味がおかしくても才能があればそれを活かせるのに、ただアタマがヘンなだけの凡人の私なんて、どうすればいいの?とそんなことで死にたくなったりしたものですが、そのうち「ま、いいか。」という大人になりました・・・。そんな単純なことでなかったら、すみません!
サリー
2006/09/19 19:04
さすがサリーさん、一番ねえねに近いところにいるようです。
本当に思春期の頃って、ちょっとしたことで死にたくなったりしますよね。いつの間にか、そんなこと思っていたことさえ、忘れてしまうものですが…
しかし、留守を狙って見るものでしたっけ?「戦場ノメリークリスマス」
ノルウェーまだ〜む
2006/09/19 22:41
的外れでなかったようでよかったです・・・。
大人になってないんで。(笑)

ええ、親の留守に見るものです、戦メリ。(ほんとかー?!)当時録画もできずに父に頼み、録画だけしてくれりゃいいのにしっかり見て、「下らん、消す!」と言われたのを死守しました。思えばデヴィット・ボウイが坂本教授にキスしたくらい、盛り上がるほどでもなきゃ、親に隠れるほどでもないですよね、今となっては。
当時はねえ・・・(遠い目)
サリー
2006/09/20 00:54
そっちか〜、そっちだったのか〜
いや、気が付きませんで。
我が家は先日‘陰陽師‘を見て、絶対それ!ってねえねと話してました。
ねえねに相当毒されていて、普通に映画鑑賞できなくなってきている自分が…怖いのでした。
ノルウェーまだ〜、む
2006/09/20 10:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
女子高生の夜の遊びは・・・ ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる